蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

ワールドカップ

4年に1度のワールドカップということで、今まさに日本中が大変盛り上がっています。
我が家では、普段はサッカーの中継などは殆んど見ないのですが、
 
この時だけは、家族で応援してしまいます。(にわかサッカーファンですけど・・・)
 
テレビでは色々な人が期待を込めた解説をしていますね。
 
とりあえず、今夜も寝不足を覚悟で観戦します。
 
予選リーグ突破目指して
 
がんばれニッポン!!
 
 
 

居候

今年、初めて我が家に居候が来た。
しかし、そろそろ旅立ちの時。
嬉しくもあり、寂しくもあり。
・・・ため息もあり・・・
あまりの凄まじさに、かれらの宿の下の画像は載せることが出来ません。
立つ鳥あとを濁さず・・・か。

天かす

家庭でタコ焼きをする際に、みないろいろとこだわりが有りますが、私は天かすに拘ります。

魚や肉、野菜など天ぷらした際に残る天かすを使用します。その天かすにはいろんなエキスが混じり、タコ焼きに入れた時に味にコクが増します。それで食べると、甘リソースなど付けなくても美味しく仕上がります。

新たなコレクション

新たに2つのコレクションを追加しました。レアな白いカップ&ソーサーとボウル付きのお皿です。どちらも50~60年前に製造されたものらしいです。今までどんな料理を入れて使われていたのかを思い浮かべるのも楽しい時間となりそうです。

鉄道ファンからの投稿(その65)

日本の鉄道のゲージについて(その4

 前述の地方鉄道法も日本の鉄道の1067mmゲージ標準化を促進したと言えます。地方鉄 道法は戦前鉄道網が未完成だったため、私鉄による鉄道の建設を推進する意味で国が保 護すると言うものでした。戦前は1067mm762mmゲージだけを地方鉄道としており、その 他のゲージは軌道法によるものとなった。地方鉄道法で建設された鉄道は国鉄との乗り 入れも可能になり、戦前戦中に国鉄に買収された鉄道もほとんどが地方鉄道法によって 建設された鉄道でした。(なお、昭和62年の国鉄民営化により、地方鉄道法は日本国 有鉄道法が1つになり、鉄道事業法と名前を変えています。)
地方鉄道法により敷設された鉄道はゲージが1067mmで、その中でも国鉄線と接続して おり重要な路線について国が買収したわけです。関東では青梅鉄道(現在の青梅線)や 軌道法で作られ後に1067mmに改軌した鶴見臨海鉄道(同鶴見線)などが有ります。
この目的は資本集約のほか軍事物資の調達を安易にするなどの目的があったためです が、これと時期を同じくして東京の私鉄も資本集約が行われました。これを文書によっ ては「国策」と書いたものもあるのですが、実はこのときの運輸通信大臣が東急の親頭 であった五島慶太であることは付足する必要があるでしょう。
東急=東京急行電鉄の前身である東京横浜電鉄は昭和17年に京浜電気鉄道・小田急 帝都電鉄を合併し、社名を東京急行電鉄に改名しました。、さらに昭和19年には京王 電気軌道も合併しました。これにより東急は3つのゲージ(目蒲・大井町・東横・池上 ・小田急帝都の1067mmと玉川・京王の1372mm、京浜の1435mm)を持つことになり、この ゲージの違いに架線電圧の違いを分けて車両形式を改番している。

ストレス解消について

人間は大小さまざまではありますが仕事、学校、家庭内などで本人の意識がなくても必ずストレスを受けていると言われてます。

そしてストレスは長期にわたり蓄積され、ある時,急に身体的・精神的に症状・不眠が現れます。「自分はストレスをあまり溜め込まない方だから大丈夫!」という人ほど突然症状が現れ自分ではどうしようもない状況になっているそうです。

 一般的なストレス解消法として「大声を出す・睡眠・入浴・運動をする・食事等」いろいろ言われていますが、

私は自分らしく自分の感情に素直になって好きなことをすることがもっとも効果的にだと思っています。

 ちなみに私のストレス解消方法はお酒を飲むこと・野球観戦・休みの日に好きなアニメ(最近のおすすめはシュタインズゲート)を一気見することです。

 

 ※なお今年は甲子園に4回いっていますが全敗。逆にストレスが蓄積されています!

変わり種のタイ焼きを食べる

たこ焼き屋さんにもいろいろなパターンがある。

たこ焼きとお好み焼き。たこ焼きとアイスクリーム。たこ焼きとタイ焼き。など

季節に応じた組み合わせに販売をしているところは結構多いと思います。

昨年からタイ焼きを始めた店舗では、定番に小豆。月替わりでいろいろなクリームを

使って楽しませてくれるところがあります。

抹茶クリーム・ポタージュ風味のクリームなど、なかなか食べることのできない

商品が並びます。今月(6月)は、レモンクリームです。

さっぱりとしたレモンの味が口の中に広がり、いい感じでした。

来月はどんな味のタイ焼きが出るか今から楽しみです。

飛行機 !!

私は昔から飛行機に乗るのが大好きです。
でも、いまだになぜあんなに大きな鉄の塊が空を飛べるのか不思議でなりません。
 
嫌いな人もたくさんいると思いますが、私は離陸の時に体にGがかかる時や、
 
青い空の上から真っ白い雲を見下ろすことが出来る快感がとっても大好きです。
 
つい先日も東京まで往復してきましたが、台風と梅雨前線の為、分厚い雨雲に覆われていて残念でした。
 
 
いつかビジネスクラスでハワイに行くのが夢です。
 
 

たこ焼店 新店ご紹介

近鉄 河内山本駅前の スーパー万代さんの横にタコ焼き「わにゅうどう」さんが先月オープンしました。

独自配合したタコ焼きは、外はカリッと、中はトロッとして、非常に美味しいです。

ポップな音楽を流しながら、タコ焼きを焼く店主さんもイケメンで、笑顔で接客。みなさん近くお立ち寄りの際は、一度てべ食べてみてください。

鉄道ファンからの投稿(その64)

日本の鉄道のゲージについて(その3

 さて、東京オリジナルゲージとも言える1372mmのゲージはというと、これは馬車鉄道 の名残なのです。電車が走り出す前、東京では馬車鉄道として馬が客車をひいて走って いました。この軌道を使って電車を走らせたのが前述の東京電車鉄道(以前は東京馬車 鉄道)、後の東京市電=都電になります。路面電車として発達したこの鉄道と乗り入れ るため、都心へ向かおうとした各鉄道は1372mmゲージほ採用したところが多かった。前 述の京浜・京成もその内にはいります。他にも、玉川電気軌道・現在の東急世田谷線と 渋谷-二子玉川園を結んでいた玉川線や、王子電気軌道・現在の都営荒川線の一部、さ らにはかつての横浜市電や現在の箱根登山鉄道も建設当初はこの1372mmゲージを使用し ていた。
現在の京王線の前身である京王電気軌道もその1つで、新宿から府中までを大正4年 に完成している。完成当時は甲州街道などの路面併用区間も多く含んでおり、新宿では 国鉄新宿駅を越え、現在の伊勢丹デパートの付近をターミナルとして東京市電と乗り入 れていた。
府中から先は別会社として玉南電鉄を設立し、建設も「地方鉄道法」を適用して免許 を出願した。地方鉄道法で出願すると地方鉄道補助法による国からの補助が受けられる ためだったのですが、当時地方鉄道法で1372mmのゲージは合法でなく、やむをえず1067 mmにより建設した。しかし、平行する国鉄があることもあり玉南電鉄には補助金がおり ず、結局京王電気軌道に合併され、全線1372mmに改軌された。これが現在まで京王線を 1372mmにしている大きな原因といえるでしょう。
京王線も他の私鉄と同様に都心に乗り入れる計画をしていましたが、都営地下鉄10 号線の建設に伴い京王線も乗り入れることになりました。このとき、都側は1435mmゲー ジを提案しましたが、京王線がすでに輸送力の問題から改軌ができないなどの理由から 都営地下鉄10号線も1372mmに同調することになった。当初都が予定していた千葉県側 での成田新線との直通はこれにより無いものになったと言って良いでしょう。