蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

今年も、実家では父が育てた菊が満開になり、綺麗だよと実家の近所に住む、

友達からメールが届いた。

実家にはしばらく帰ってなくて、見てないが、父はもう30年以上、菊を作っている。

高齢なので、数は減ったが、昔は100以上の植木ばちが並んでいたと思う。

夕方の水やりは私の仕事だった。

私には見慣れた光景だが、近所では有名で菊の花が咲く光景を楽しみにしている人もいるようです。

父が菊を育てている間は元気な証拠と思い、ずっと続くことを願っています。

 

終活

シニアの73.6%が人生の最後に向けて準備する(終活)に前向きだそうです。

前向きな理由は、家族に迷惑を掛けたくないが70.7%を占め、調査会社の担当者は、実際に死に直面していない場合でも、お金の準備を考えるなど、終活への関心が急速に高まっていると分析しています。

終活の主な内容は、生前整理・葬儀費用などお金の準備・終末期の医療や介護の希望をまとめる・相続の準備・携帯電話やパソコンのデータ整理などだそうです。 

私の場合は、書類など不用品の整理から始めていますが、なかなか捗りません。
これからは、スケジュールを立ててチャレンジしたく思っています。 

 松尾 芭蕉が人生の晩年に詠んだ句 

菊の香や 奈良には古き 仏達   無くなる一ヶ月前にあたる晩年の51歳の句 

旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る
  ※大阪のの病床で詠んだ句。 芭蕉はそのままその宿で亡くなるが、
  亡くなる4日前に詠んだ51歳の時の作。

肩こり

もう何年も前から、肩こりに悩まされています。
若い頃は肩こりには全く縁がなかったのですが、この会社に入ってから肩を揉まれることが
 
気持ちいいことに目覚めてしまいました。
 
そのせいで常日頃ずっと慢性の肩こりに悩まされ、肩甲骨を動かしたり、首を回したり、血行が良くなりそうなことは
 
一生懸命やっているつもりですが、なかなか改善されません。
 
二年前からのジム通いも全く効果がなく、逆に筋トレをやると益々悪化してしまいます。
 
今度は献血が肩こりに効くと聞いたので、是非一度試してみようと思っています。
 
 
 
 

果物

秋になり、りんごやなし、みかんがスーパーの店頭にたくさん並んでいます。

子供の時に、みかんだけは箱買いしていた為か特にみかんは大好きです。

おやつはないが、みかんは食べ放題だったので、3人きょうだいでもめることもなかった。

ほかのおやつはいつも母が公平に分けてくていた。この時だけは年齢も関係なかったので、末っ子の私も負けてませんでした。

今は果物は買うが、値段が高いので箱で買うことはほとんどない。

昭和の良い思い出かもしれません。

 

10月に咲く花

秋バラ

バラは二度美しい、最初は5月。若葉と共に、ういういしく咲く。

夏には咲き休み、四季咲き系や返り咲き系など多くのバラは、

秋涼しくなってから二度めの花のシーズンを迎える。

秋は春と違って、ゆっくりと咲き、日持ちし、一層楽しめます。

我が家のベランダにも、ピンクと赤色のバラが奇麗に咲いています。

 

秋の植物を詠んだ句 

  行き行きて 倒れふすとも 萩の原      芭蕉 

  朝顔や 一輪深き 淵の色          蕪村 

  散る芒(すすき寒くなるのが 目に見ゆる   一茶