蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

ある日の夕食

最近、国産小麦粉を使っての料理に凝っております。パン・マフィン、そして画像の様なピザです。捏ねる作業は勿論、ホームベーカリー様。めんどくさい捏ねる作業を文明の利器に任せると後は楽しい作業ばかりです。好きな具材を好きなだけトッピングしてオーブンに放り込むだけ・・・。自作のトマトソース(嫁作)でも結構イケます。ぜひお試しあれ。

鉄道ファンからの投稿(その46)

レールの軌間について

 

歴史

 

標準軌と広軌の普及

 

大陸ヨーロッパではイギリスと比べ鉄道の建設や運営に政府の関与が強く、軌間の選択に関しても最初に政府が決定した例が多い。このとき最も多く選ばれたのはスティーヴンソンの1435mm軌間であるが、オランダ、バーデン大公国、ロシア帝国、スペイン、ポルトガルの各国ではそれぞれ広軌が採用された。これは広軌のほうが技術的には優れているという見解に基づくものであった。オランダとバーデンでは後に周辺国に合わせて1435mmに改軌したが、ロシアとイベリア半島の軌間はそのまま現代に至っている。

アメリカ合衆国では、1830年代から40年代にかけて、民間の鉄道会社により多くの鉄道が開業した。これらの鉄道は、港と内陸を結ぶことが主目的で相互の接続が軽視されたこともあり、4フィート8.5インチの他にも様々な広軌が採用された。これが1860年代頃までには、北東部では4フィート8.5インチ、南部では5フィート、ニュージャージー州とオハイオ州では4フィート10インチのように地域的に統合され、さらに1863年に大陸横断鉄道の軌間が4フィート8.5インチとされたことがきっかけとなって、全国的に4フィート8.5インチに統一された。

カナダでは、1851年に5フィート6インチを標準とする法律が制定された[19]が、1870年に廃止され、アメリカ合衆国との直通の必要から4フィート8.5インチに改軌された。

英領インドでは、1851年以降ダルハウジー侯爵ジェイムズ・ラムゼイ総督により5フィート6インチ軌間が標準とされた。ダルハウジーはイギリスの経験から最初に軌間などの規格を統一しておくことが重要であると考えていたが、広軌のほうが技術的に優れており、遠隔地のインドでは本国と同じ軌間にする必要もないことから、この軌間が採用された。

オーストラリアでは後の各州に相当する各植民地が独自に鉄道建設を行なった結果、4フィート8.5インチ軌間の州と5フィート3インチ軌間の州が混在することになった。

ラテンアメリカ各地の鉄道の軌間は建設の始まった時期により異なり、1837年から1851年までの6例ではすべて1435mm軌間、1854年から1863年までの6例はすべて広軌である。1865年にウルグアイが1435mm軌間を採用したのを挟んで、以後はもっぱら狭軌となる。

 

この夏の天候不順

今年の夏は 西日本と 東日本で 完全に分断された気がします

近畿から中四国は 特に今のところ大きな災害もなく

連日の猛暑でくたくた、少しは関東の涼しさを分けてほしいぐらい。

一報 関東~東北は毎日のように雨が降り 肌寒い?ぐらい 真夏???

いくら気象庁で 長期予報を出しても まだまだ精度が悪いし はずれぎみ

本当に 毎年の夏の天候は 極端に不安定で 予測がつかないです。

今年の小学生の8月の絵日記は

連日曇りや傘マークになるところも多そう 。

爽やかな晴れが待ち遠しいです。

 

 

手を洗う

「手を洗う」。

子供のころから、「外から帰ったら、手を洗いなさい」とよく言われたものです。

8月も終わりになると、セミの声が少なくなり、残暑は続くものの、夏の終わりを感じ

るとともに、「食中毒」が気になるのは、私だけだろうか。

暑い夏の乗り越え、夏バテに近い体力では、特に生ものには気をつけたいところです

さて、自衛策として、身近なものに「手洗い」があります。

日常的なことながら、指先、指間をしっかりと洗う。出来ているようで、出来てない

こともあるかもしれません。今一度、確認をして未然に防ごうと思います。

痛いぞ

お盆休み初日、日頃出来ない掃除など
暑さと戦いながら片付け、
最後に布団を取り込み、階段をトントンと
降りたつもりだったが…。

うん、痛い、痛くて動けない。
そう、布団を抱きしめたまま階段を2段踏み外したのだ。

翌日ネットで病院を探し、タクシーで通院。
結局、右足捻挫、左小指剥離骨折。
大したことがなくて良かった。
ネットの便利さと運動神経の鈍さと
普段の健康のありがたさを感じた1日だった。

夕食を作ること

殆んど毎日夕ご飯は作っていますが、いつも変わらないレパートリーの中での繰り返しです。
そして主人と二男は好き嫌いが多くて食べれないものが非常にたくさんあります。
 
それでなくても考えて作るのが大変なのに、益々作れるものが限られてきてしまいます。
 
特に夏の間は食べたいものがなくなるので、毎日大変な家事です。
 
仕事が終わってから買い物をして帰ってからの料理作りなのでいつも手抜きっぽいものばかり。
 
週に一回ぐらいは外食やほか弁で済ませていますが・・・。
 
「たまには誰か代わりに作って~!!!」   って、言いたくなります。
 
 

背番号 8

阪神タイガース 福留 孝介選手の背番号。
1977年4月26日生れの40歳、身長182cm,体重93kg。
プロ通算14年目の右投げ、左打ちの広角打法の主将です。
 
残り試合もあと36試合、三位には横浜・その下には読売ジャイアンツ。
二位の座を確保出来るかタイガース・・福留選手の一振りに期待が掛かります。
頑張れ・・鳥谷(2000本安打迄、後少し), 大和、上本、梅野、伊藤、高山、大山。
 もうしばらく熱い戦いは続きます!

登校日

子供のころの夏休みの登校日

小学校は8月10日と決まっていた。

小さな小学校なので、一学年25人前後の 6学年で計150人ほど、

朝は並んで登校。全校集会やって、教室で担任の話を聞いて帰ったくらい

いまもそうかのかな・・?

ネット検索すると、登校日は8月17日になっていた 

全校児童114名

小学校の校歌 ♪ 山青く 流れは清し~   ♪

のどかな光景が浮かぶでしょう・・・?

鉄道ファンからの投稿(その45)

レールの軌間について

 

歴史

 

標準軌の起源とゲージ戦争

 

キリングワースの機関車

現代において標準軌とされる4フィート8.5インチ軌間の起源は、イングランド北東部のキリングワース(英語版)炭鉱の馬車鉄道で用いられていた4フィート8インチ軌間である。なおキリングワースの車輪間隔の起源をさらに古代ローマの馬車にまで遡ることができるとする説もあったが後に否定されている[8]。1814年、ジョージ・スティーヴンソンがこの炭鉱鉄道のために蒸気機関車を製造した。スティーブンソンはその後他の炭鉱向けにも機関車を製造し、1823年にはロバート・スチーブンソン・アンド・カンパニーを設立したが、ここで製造された機関車も同じ軌間で設計されていた。スティーブンソンは、各地の鉄道で同じ軌間を使ったほうが機関車や諸設備の量産に都合がよく、また将来これらの鉄道が相互に接続された時にも便利であると考えていた[10]。1825年にストックトン・アンド・ダーリントン鉄道で公共用の鉄道として初めて蒸気機関車が使われ、1830年には世界初の蒸気機関車による旅客用鉄道であるリバプール・アンド・マンチェスター鉄道が開業した。これらの鉄道でもスティーブンソンの機関車が用いられた。ただし、軌間はこの途中のいずれかの段階で半インチ拡大されて4フィート8.5インチとなっている。

その後もスティーヴンソンらの関わった鉄道では4フィート8.5インチ軌間が採用されたが、蒸気機関車を用いた鉄道で馬車由来の軌間を用いる必然性はなく、より広い軌間のほうがよいと考える技術者も多かった。代表的な例がイザムバード・キングダム・ブルネルであり、グレート・ウェスタン鉄道において7フィート4分の1インチ(2140mm)という広軌を採用した。ブルネルは、グレート・ウェスタン鉄道がスティーヴンソンの4フィート8.5インチ軌間の鉄道と接続する必要はないとして、異なる軌間でも特に問題はないと考えていた。ブルネルほど極端ではないにしろ、1830年代から40年代には5フィートから6フィート程度の様々な広軌鉄道が現れている。

 

グロスターでの乗り換えを風刺した絵

1844年にグロスターにおいて4フィート8.5インチ軌間と7フィート4分の1インチ軌間の鉄道ははじめて接し、これにより軌間が異なると直通運転ができないという弊害が顕在化した。軌間をどちらに統一すべきかは「ゲージ戦争(Battle of the gauges)」と呼ばれる激しい論争となった。1845年、王立委員会は広軌の技術的な優位は認めつつ、その差はわずかであり、路線長の長い4フィート8.5インチ軌間に統一するのが好ましいと勧告した。翌1846年に制定された軌間法により、グレートブリテン島の新規路線は原則として4フィート8.5インチの軌間で建設されることになった[11]。

ただし、アイルランドの鉄道は、グレートブリテン島とは海で隔てられているため共通の軌間を用いる必要はないとして、5フィート3インチ(1600mm)が標準とされた。

 

猛暑

私の子供のころは、夏は暑かった けど 扇風機や 偶にクーラーを

使えば 乗り切れました。

周りを見渡せば 舗装されていない 水たまりの残った道路、

田んぼや畑など 各地にありました。

ここ最近  感じるのは 地面からの照り返しの強さ

(直射日光と変わらないか それ以上)

あちらこちら  駐車場とマンション、ショッピングセンターだらけ

これでは 本来下がるはずの 夜間の気温も全く下がらないし

昼間の 都市部は 熱地獄

結局 我々の生活スタイルを大きく変えないと このまま繰り返しでしょう

学者のいう 温暖化、海水温の上昇など 全球的な影響が

どこまであるのかはわかりません。