蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

冬の星空2

オリオン座はひときわ明るい2等星が多く含まれ、近辺にも明るい星が多いのですが、それらの多くはオリオン座内に位置する「オリオン大星雲」から生まれた星々です。

オリオンの腰にあたる3つ星、腰の剣に見立てられる小三ツ星、そのほかの2等星はもとより離れた昴(プレアデス星団)もここから生じて現在の位置に移動した星々なのです。

就職解禁

まだ、寒い日が続いていますが、今日で2月も終わります。

明日から、3月。そして、2018年卒業の学生の就職の情報が解禁になるそうです。

我が家にも対象とする娘がいますので、ちょっと気になるところです。

ただ、既に去年の夏頃から、インターンシップに行く学生も多くあり、実際にはもう水面下で動いていますね。

自分が学生の頃は、確か、8月に解禁で暑い中、大阪を出歩いていました。

帰りには、梅田でアイスクリームを食べて電車に乗るという感じでした。

月日は流れ、梅田のアイスクリーム屋さんは別のお店に・・・

もう30年前になります。皆様の検討を祈ります★

タコは高級魚?

本日のセリ値、岡山県産の真だこはKg当たり3,000円を突破した。

今は漁獲シーズンから外れているため、水揚げ量も極端に少ないから、しょうがないか、とも思う。

しかし、完全に高級魚の域である。

 

瀬戸内海の春といえば、飯蛸もその一つ。

この飯蛸も、Kg当たり1,800円。

数年前のまだまだ安価な時に、飯蛸の内臓を抜いて、塩もみして、茹で上げて、Kg800円程度。

くぎ煮で有名ないかなごも不漁で高騰。

瀬戸内海の海の中は変わってしまったのか?

旬に旬の魚を堪能できないのは非常に寂しい。

資源の回復を願いたい。

ヤマトさん疲弊

ヤマト運輸など 配送業界では 人手不足とユーザーのわがままで

疲弊しているようです。

一つは ネット通販で 当日届けろ、何時まで届けろなど

本当に馬鹿な消費者が増えたためで  そんなに ほしけりゃ

健康に問題がなく 時間があれば、自分の足で そこに行って購入しろと

言いたくなります。(何をそんなに急ぐのか 理解不能!)

もう一つが 昼間の留守宅への不在通知と再配達、そして留守といった

悪い循環の繰り返しでの 無駄足を運ばされること

一人暮らし、マンション暮らしが増えて隣近所で預かりますといった光景も

まったくなくなりましたし  どうしたらいいものか 解決していかないと

無駄なトラックが道路を行きかい 人も道路事情も 疲弊してしまい

緊急で 本当に 必要な人に 物資の輸送が潤沢にできなくなりかけています。

梅の種類

江戸時代の園芸ブームで品種改良や交配が進み、

現在300品種以上の梅があると言われています。

品種は大きく分けて(野梅:やばい系) (緋梅:ひばい系)

(豊後:ぶんご系)の3つの系統に分かれます。

また、花の鑑賞を楽しむ品種を(花梅:はなうめ)、

実の収穫を目的とした品種を(実梅:みうめ)と呼びます。

花や枝ぶりで似た形が多く、専門家でも見分けることが難しいのも

特徴の一つだそうです。

梅を詠んだ句

梅一輪 一輪ほどの 暖かさ                            服部嵐雪

むめが香に のっと日の出る 山路かな   松尾芭蕉

※古くは梅の花を(むめ)と表記

初めての 日本髪解く 梅月夜                      凡茶

 

年齢とともに

ここ数年朝起きるのは少しずつ早くなっていましたが、最近になって夜寝るのが早くなってきているのを実感します。前までは深夜1時、2時でも平気で起きていましたが最近ではもう11時ぐらいが限界になってきています。それ以上起きていると翌日全く体が動かなくなってきましたし、昔では考えられないぐらい昼寝をしています。

どんどん歳をとって行ってるのをここ数年で嫌になるぐらい感じ始めました。

最近のネット注文に苦言

最近はネット注文をしてから わずか 数時間で商品が届く時代になり

呆れています。考え方が古いと言われると しかたがないのですが

瞬時に届けるために 配送人にどれだけ負担を強いて いらぬ交通渋滞の

一旦に課しているのか?本当に 急いでほしいのは 救急と警察以外に

ないはずです。私たちの生命(命)に係る仕事に支障が出るような

過当なスピード追及は もういい加減にやめてほしいものです。

鉄道ファンからの投稿(その36)鉄道網の構成

中小私鉄

大都市近郊の準大手私鉄は、沿線開発や駅周辺の商業施設の運営に関わり、

経営基盤は比較的安定している。

しかし、それ以外の地方私鉄は、人口減、過疎化、モータリゼーションの

定着などの影響を強く受けており、江ノ島電鉄富士急行など沿線に

観光資源を有し観光事業が好調な事業者をのぞくと黒字になっている所は

少ない。

都市間輸送や観光輸送、政令指定都市中核市クラスの都市での

通勤通学輸送など一定の需要が存在する路線以外は、路線縮小や廃止も

相次いでいる。

既存路線の高速化や新規車輌の導入など改善策の実施が、財政難から

不可能な会社もある。

昨今の地方公共団体の財政状態の悪化により補助金が減少あるいは

停止されること、鉄道事業法の改正により届出だけで廃止が可能になった

ことが、地方の私鉄を取り巻く環境をさらに厳しいものとしている。

公営鉄道等

地方公共団体(公営交通)や、民間企業と地方公共団体の共同出資による

第三セクターによる鉄道は、都市部の地下鉄や、交通網が脆弱な地域の

交通需要を担っている。

しかし、地方においては、旧国鉄の赤字路線そのまま引き継ぐなど、

経営状態はどこも苦しいのが実情である。

都市部においてはまとまった需要があり、路線により様々な状況がある。

建設費の高騰から運賃が高価になり、そのため輸送量が伸び悩み、

沿線の開発も進まないという悪循環に陥っている路線が多い。

その一方でつくばエクスプレスのように好調な輸送実績をあげ、

沿線開発が盛んに行われている鉄道路線もある。公営という性質上、

保守的な経営形態をとるものが多い一方で、路線を新設し、

LRTを導入した富山ライトレールのように  新しい戦略をとる会社もある。

おでんにタコ

我が家の息子は、おでんが少々苦手だ。

そういえば、私も子供のころ夕飯のおかずがおでんの時はがっかりしたものだ。

若い人は味の濃いものを好むのか、もしや私の味付けが微妙なのか・・・

とはいえ、私は年に一回くらいはおでんを食べたくなるもので

この際息子は無視して作った。

今回のメインは「タコ」 

あーなんて美味しいんでしょう。

大根や卵もいいけど、柔らかく味のしみ込んだタコはすぐになくなってしまった。

息子も気に入ったようだ。

次回は、もっとたくさん入れよう。