蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

新たな試み

結婚以来、毎年、嫁さんの手作りお節で正月を迎えておりましたが、バタバタした年末でしたので、お節を作って貰わず、いつもと違う形で新年を迎えました。例年、31日は終日、私は足らないものを買い足す当番、嫁は日が変わる寸前までお節作りと慌ただしい限りでしたが、お節を作らない今年は、ゆったりと神戸まで遊びに出かけられました。帰りがけに明石の魚の棚に寄って年の瀬の気分を味わったり、明石焼きを食べたりと、なかなか楽しい年越しが出来ました。嫁と迎える20回目の新年でしたが、思いもよらず新鮮な気分でした。

鉄道ファンからの投稿(その34)

<鉄道網の構成>

1872年(明治5年)に開業した日本最初の鉄道は、国による建設であり、日本の鉄道は国有国営を旨としたが、その後勃発した西南戦争による政府財政の窮乏により、幹線鉄道網の一部は日本鉄道などの私鉄により建設された。しかし、日清・日露の両戦争を経て、軍事輸送の観点などから鉄道国有論が高まり、1906年(明治39年)に鉄道国有法が制定され、日本の鉄道網は基本的に国が運営することとなった(一部の私鉄は民営のまま残ったが、一地方の輸送を担うのみとなった)。その後も、鉄道敷設法に基づいて、私鉄の買収国有化が行われた。

このように、鉄道国有法以降、第二次世界大戦直後までは、国(鉄道寮→鉄道院→鉄道省→運輸省)が全国の主要路線(国有鉄道)を直接運営していたが、1949年(昭和24年)の公共企業体(日本国有鉄道)への改組を経て、1987年(昭和62年)には国鉄分割民営化により国鉄そのものが解体され、JRグループ7社に承継されている。

JRグループのほか、地域によっては私鉄も存在する。大都市圏にある大手私鉄・準大手私鉄は主に都心と郊外を結ぶ路線網を構築している。中小私鉄は主にJRの駅から離れた都市とJR駅を結ぶ役割のものが多い。大都市では地下鉄もある。日本では地下鉄はいずれも特殊会社または地方公営企業(公営交通)の形態をとっている。大都市圏には拠点駅と空港や郊外の住宅地を結ぶモノレール、新交通システムも存在する。地方部には、主に旧国鉄の赤字ローカル線を継承した、地元自治体等の出資による第三セクター鉄道が存在する。主に山岳部の観光地にはケーブルカーも存在する。

法規上路面電車は軌道法に準拠し、厳密には「鉄道」ではないものがほとんどである。戦後の高度成長期のモータリゼーションの進行の結果、路面電車は撤去が進んだが、現在でも一部の都市で運行されている。地方公営企業(公営交通)形態のものと民間企業(私鉄)形態のものが混在する。1990年代以降、バリアフリー、省エネや、高齢化社会対策としてコンパクトシティ化を図ろうという動きが本格化している。その政策の核として、路面電車の有効性が見直されている。既存路線に超低床車両が導入されたり、JRの在来線が路面電車に再編されたり(富山ライトレール)、さらには路面電車を新設する計画も本格化している(宇都宮ライトレールなど)。

 

ハマっていること

一昨年の秋から、趣味で畑をはじめた。

最初は玉ねぎを植えてみた。

家から少し離れた所なので、時々見に行って草むしりをしてすくすく育つのを楽しんでいた。

問題は夏!ゾッとするほどの雑草、虫、日差しに後悔。

虫刺されで2回も病院に行った。

雑草は、草刈機を持っているご近所さんや友人の助けで何とか乗り切った。

最初に植えた玉ねぎは、運よく大量に収穫できた。

ここだハマッてしまった。

水を切らしたり、肥料が足りなかったりと失敗しながらトマトやピーマン、なす等々、何とか収穫できた。

この歳で紫外線は大敵だが、育てる楽しみと収穫の喜びに目覚めてしまった。

芋掘り後は家族や友人も巻き込んでBBQもやった。

今はしばらく白菜、春菊、水菜、大根などなど、しばらく飽きずに続きそうな予感。

二回目はもっとうまくやろう!!

老後の趣味になるまで、続くかしら?

お正月の情景

お正月気分もそろそろ抜ける頃かと思いますが、昨今は大型スーパー兼ショッピングセンターが各地に今を流行とばかりに建設されてきて、しかも年中無休というか、元旦から普通に営業をしているの見て、お正月気分が台無しになります。

考え方は古いかもしれませんが、お正月はやはり自分の家や親戚の家に挨拶に行って、ゆっくりとおせちを食しながら過ごすのが当たり前と思っています。

時代の変化としても、一年中休みもなく普通に商売をやっているスタイルには、ほとほと疑問を感じます。

結果、誰かに(多くの人に)負担が来ているのですから....

本当に多くの人は正月から普通に店が開いていることを望んでいるのでしょうか?

七草粥

今日は七草粥を食す日です。

七草の効用は以下の通りです。

七草粥を食して、正月の疲れを癒しハツラツとした毎日を送りましょう!!

(お塩は入れ過ぎないように!!)

セリ 鉄分が多く含まれているので、増血作用が期待できます。

ナズナ 熱を下げる、尿の出をよくするといった作用があ

新しい年を迎えて

新年あけましておめでとうございます。

「酉年」の年頭で、「羽ばたく」というイメージで抱負を書くところだが、

羽ばたくには、まだまだ、足りないものが一杯ある。その足りないものを

一つ一つ探し・補う年になると思う。そして、達成感のある1年にしたいと思います。

今年も宜しくお願い申し上げます。