蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

家の庭に

最近家の町内にサルが出没しています。約2年ぐらい前にもその話があったのですが今年は実際にうちの庭にもきました。車の上に座ったり、玄関の前にいたりするので困って市役所に相談したところ、どうやら犬を飼っている家にサルが現れるそうです。そして今年は全部で6匹現れているらしく、そのうちの1匹はかなり凶暴で人に噛みつくと言っていました。

昔は犬猿の仲でサルと犬は仲が悪いと小学校ぐらいの時に勉強したような気がしますが、家にくるサルは犬が好きなようでよく2匹で座って空を見ていました。

干し柿つくり

先日、段ボール一杯の渋柿が送られてきました。義理の母が友人から沢山頂いたおすそ分けらしいですが・・・。干し柿になってから送って頂ければと思いながら・・・せっかくの柿を台無しにするのも勿体無いのでネットで調べて作ってみました。皮を剥き、熱湯消毒・アルコール消毒を施し紐にくくるだけ、後は雨のあたらない軒下で乾燥するだけ。案外簡単でした。でも上手く出来上がるかは天候次第です。何せ最近、暖かかったですから。

鉄道ファンからの投稿(その32)

概説 

日本における鉄道とは、狭義には鉄道事業法に基づいた国土交通省鉄道局の管轄のもとにあるものを指す。軌道法に基づいて建設されたものは法的には軌道と呼ばれ、鉄道とは異なるものであるが、一般的にはこれも鉄道と呼ばれる。鉄道事業法と軌道法の2種類があるのは、軌道法が主に道路に敷設される鉄道を対象としているからである。また鉄道事業法は旧運輸省、軌道法は旧運輸省と旧建設省の共同管轄と、管轄する省庁も異なっていた(運輸省と建設省は2001年に統合され国土交通省となっている)。

鉄道事業法や軌道法以外の法規の適用をうける鉄道もある。森林鉄道、鉱山鉄道、かつて存在した簡易軌道(←殖民軌道)がこれにあたる。

これらとは別に、一部私有地において、鉄道事業法や軌道法に基づかず建設された鉄道も存在する。旅館などの送迎などに使われるもののほか、小規模なトロッコ、遊園地の「おとぎ汽車」のような園内遊覧鉄道がこれにあたる。

日本は、比較的人口密度が高く、都市内輸送、都市間輸送において鉄道が重要な役割を担っているため、日本の鉄道の旅客輸送人員は、世界全体の4割のシェアを占めるまでになっている。また、鉄道技術、定時運行性、旅客サービスについては、世界で最も優れた水準に達している。

しかしながら、輸送密度の低い過疎地域においては、人口の減少やモータリゼーションの定着もあって、かなり厳しい経営をせざるを得ない地域があり、過疎路線の整理も進んでいる。ただ、経営努力により黒字経営を続けている中小鉄道事業者もある。

1か月が過ぎました

先日久々に前職の友人とメールでやりとりしまして

先週ぐらいから年末商戦が始まったということです。

 

某大手の物流会社で石鹸や洗剤紙おむつ化粧品など日用品全般を取り扱っています。

備蓄の利く商品ばかりですので早ければ11月初旬に年末商戦が始まり

12月中旬を過ぎると逆に一息つくこともあります。

 

年末の大掃除が集中するクリスマス以降

台所用や浴室用洗剤を中心に発注が急に集中します。

 

今は昨年の忙しかったこと、一緒に勤めた仲のよかった人たち
のことを思い出しながら
仕事に従事する毎日です。

我が家の植木鉢

一昨日まで暖かかった為、バッターに食べられた菜葉。

昨日からの寒さで、バッタの姿はいずこえ 後は成長を待つばかりでも2葉しかありません。大根は芽がまだ でてきません成長をしているのはパセリだけそれがこれ(おかずになりません)年末に向けてしばらく休止します。

コロッケ

観光地に行くと、「〇〇〇名物」と書かれた、のぼりを目にする。

名物だから「旨い」と先入観が働くが、個人的には、たいしたことはない、が本音。

これは、「コロッケ」に関してのこと。

「揚げたてだから美味しいよ~」の掛け声に、「揚げたてで美味しい」のは当たり前

と、心でつぶやく。自家製手作りと書いていながら出てくるのは、工場生産品。

味のまとまりはあるものの、点数は、50点ぐらいか。

1回は、食べるが、2回目はない。

かなり辛口の点数をつけるわけは、自分でつくるからです。

個人で作るコロッケは、塩・胡椒のみ。調味料(アミノ酸等)は使わない。

お肉は、何でもよい(牛・豚・鶏・合挽きなど)。私の作るコロッケの「旨さ」の

秘密は、「芋」にある。まだ、究極を極めていないが、最低3種類のは配合である。

適当に作っても「そこそこ」に仕上がるし、「冷めてもおいしい」コロッケである。

家族からは、パパのコロッケは、「美味しいね」の言葉が心地よく、数カ月に1回は

作っている。

紅葉

先週、久しぶりに友人と出かけた。

室生寺と長谷寺に。
いずれも行楽の季節の為、
特別公開をしていて通常日では見ることのできない
仏像を目にしたり、足に触ることができた。

室生寺では奥の院まで歩き、高台から紅葉や下を流れる
川のせせらぎを聞き気持ちのいいひと時を過ごすことができ、リフレッシュできた。

こんな山の中にどうしてこんな立派なお寺があるのだろうと不思議に思いながら…。
(伊勢への通り道らしい)

疲れが溜まって

一か月前ぐらいから何かと忙しく、休みの日でも色々な用事で家にゆっくりいることはなかったです。
 
小学校や保育園の運動会から、飲み会にスポーツクラブ通い、ショッピングセンターに毎週あちらこちらに行ったり。
 
嵐のライブで一泊二日の北海道と東京の旅行。  そしてこの日曜日は町内旅行があります。
 
2~3日前から唇に大量のヘルペスが現れて大変なことになっています。
 
自分では何とも思わずに普通にこなしているつもりが、体がついていっていないことを思い知らされました。
 
そう、もういい歳なのですねきっと・・・   無理ができなくなってしまいました。
 
とりあえず今週は早く寝るように心がけます。
 
 
 
 
 

茶碗蒸し

時間に余裕が出てきたので、真面目にご飯を作ろう!と決めた。

大人2人だけなので、量はいらないが、おいしくないと食べてくれない。

野菜が高くて、毎日、メニューには苦心しているが、ある日、百合根を見つけたので、茶碗蒸しを作ろうと決めた。

母が作ってくれた茶碗蒸しには、銀杏と百合根がいつも入っていました。

だし汁を作った後は、三つ葉と刺身の残り、さっと茹でた百合根、卵を加えて、圧力鍋で沸騰したら、5分ぐらいで出来上がり。

思ったよりは簡単で美味しかったです。