蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

たこ焼きのタレ

自宅でタコ焼きを焼くことが習慣になってきました。

ところで、焼きあがったタコ焼きに、何をかけて食べますか?

一般的には、ソース+マヨネーズでしょうか。

我家は、とんかつソースをかけて食べます。マヨネーズは無しです。

ちょっと濃いめのトンカツソースが美味しいので、定番になってます。

たこ焼き店では、ソースの他・しょうゆ・ポン酢・塩など組み合わせで選択しが

広がり、選ぶのにも楽しさがあるようです。

先日行ったタコ焼き店では、「たこピザ」がありました。

鉄板の上にタコ焼きを6個のせ、バーベキューソースをかけ

とろけるチーズをのせたものでした。(今回は食べていませんので味は???)

味の方ではまっているのは、塩マヨネーズ。どこにでもありそうですが、

このお店では、トレーに乗せたタコ焼きに、マヨネーズをタコ焼きが見えなくなるまで

かけるのです。そこに、塩コショウを振る。

普通は、塩コショウをかけて、マヨネーズを塗る?ではないですか。

胡椒大好き者にとっては、新しい発見、のようなタコ焼きです。

しばらくは、通うかも(カロリーが高いので注意ですが・・・)です。

春は…

毎朝、坂道をタッタッタと走っていると
最近、ホーホケキョと竹林から必ず挨拶が聞える。
毎年、この挨拶が始まると少しずつ暖かくなる。
桜も花も咲き始め、春の訪れを一番に教えてくれる。

さて、もう4月!!
学生で言えば新学期だ。
今年は中途半端でやめちゃった習い事なんかを
1 からチャレンジしたいと思っている。

 

 

雑談力

雑談力ってあまり聞き慣れない言葉ですが、先日テレビでやっていてなるほどな~と、感心してしまいました。
 
人とのコミュニケーションで、いかに誰とでも会話ができるかどうかのモニタリングをしていました。
 
会社の上司と部下。 まったく初対面の4人組の男性。 まったく初対面の3人の女子高校生。
 
男性4人はそれぞれに携帯を持ってまったく一言もしゃべらず、
 
それとは反対に女子高生は最初から和気あいあいと会話をしたり、写メを撮ったりして楽しんでいました。
 
何か共通の話題を見つけて会話を楽しむことが出来る力を身に付けることはとても大事なことだと思います。
 
そうすることによって、家庭や会社でスムーズな会話が出来、人間関係も構築していけるのだと思いました。
 
雑談力ってたいせつですね!!   もっと会話を楽しみましょう!!
 
 
 
 
 

タコの天敵その1

タコの天敵として最も有名なのはやはりウツボですが、タコもやられっぱなしという訳ではありません。ウツボ相手は噛み付かれて穴に引っ張り込まれるか否かが生死の分かれ目のようで、足という噛み付きやすい部分を多く持つタコが不利な所以です。

 ウツボに対してはその足を丸めて対峙し、あきらめるのを待つというのが対処法です。

春爛漫

(爛漫)とは花が咲き乱れる様子、あるいは光あふれんばかりに輝く状態。

(春爛漫)とは春の花が咲き乱れ光に満ち溢れた状態を表すことである。

桜ももうすぐ開花、 プロ野球も25日(金)に開幕。

楽しい季節は、もうすぐそこに・・・・

~桜を詠んだ俳句~

さまざまの こと思ひ出す 桜かな   松尾 芭蕉

さくら狩り 美人の腹や 滅却す    与謝 蕪村

桜花 何が不足で ちりいそぐ       小林 一茶

散る桜 残る桜も 散る桜       良寛

全員集合

先日、半年振りくらいに家族が全員集合しました。

父は、インドネシアから、姉は京都から、兄は仙台から、妹は大阪から。

家族みんな住んでいる場所で経験したことを話し1日だけでしたが、楽しい時間になりました。

ラグビー人気

昨年ワールドカップを大活躍したラグビー日本代表のおかげで、ラグビーがひそかに人気を集めている。それにあやかり最近タッチラグビーとやらを始めた、このタッチラグビーとは本物のようにタックルなどの激しい接触プレイは無く、タックルの代わりに相手の体をタッチするスポーツ。本物よりその分激しさは全くないが、本物ではプレイ人数が15人に対しタッチラグビーは6人で、交代自由。だから運動量が半端ない。平均40歳以上超えたチームにはかなりきつい。今回初めての試合に参加させてもらう。

結果は10チーム中9位と振るわなかったが、また6月に試合が控えている。50歳までできるスポーツとして、何とか続けたいと思う今日この頃です。

 

免許

もう車の免許を取って20年になろうとしていますが、先日自動車教習所の教科書を

見る機会があり読んでみましたがもう全然覚えていませんでした。標識の意味など

普段見慣れないものもあり自分でもよく免許をとれたなと思いました。

今仮に免許のテストを受けるとまず間違いなく免許が取れないだろうと思います。

それだけ運転に慣れて自分勝手な運転をしているんだろうと思います。

鉄道ファンからの投稿(その18)

他の輸送手段との競争の激化
1960年代後半になると鉄道の旅客と貨物の輸送量は延び続けているが、全体に対する比率は明らかに低下し始めた。例えば旅客輸送量は1960年には国鉄のシェアは51%であったが、1980年には輸送量は増えてはいるがそのシェアは24.7%に低下している(下表参照)。陸上では東海道新幹線が開業した1964年に日本で初めての高速道路である名神高速道路が完成し、民間航空では同年に国内線初のジェット旅客機ボーイング727が飛び始めた。国鉄は輸送量増大と他の輸送機関との競争に対応するため、主要幹線の複線電化を進め「無煙化」を推進すると同時に、幹線列車のスピードアップを行った。この成果を取り入れた1968年秋のダイヤ改正はヨンサントオと呼ばれ、特急と急行を大増発して優等列車による都市間輸送網を形成した。1970年に大阪で開かれた万国博は日本全国から観光客が訪れたが、それまで団体旅行しか経験しなかった庶民が個人旅行に目を向けるきっかけとなった。各鉄道会社は個人客誘致のためのキャンペーン(国鉄のディスカバー・ジャパンやいい日旅立ち)やテレビ番組の提供(国鉄の『遠くへ行きたい』、近鉄の『真珠の小箱』など)を始めた。
また無煙化が進み蒸気機関車が減少するにつれてSLブームが過熱し、鉄道ファンのモラルの低下が指摘されるようになった。国鉄の蒸気機関車は1975年に定期運行を終了した。

旅客輸送量(データは『日本国有鉄道監査報告書』より)
億人キロ      1960年      1970年        1980年
国鉄               1240         1897          1931
私鉄                 604           991          1214
バス                 440         1029          1104
自動車             115          1813           3213
航空機                 7              94           297
船舶                  26              48             61

大都市では自動車が増え道路の混雑がひどくなった結果、路面電車の軌道が交通の障害とみなされるようになった。東京では1964年から路線が順次廃止され現在荒川線のみが運行している。大都市の路面電車の全廃は1969年の大阪市電が最初で、名古屋や京都などの他の大都市も順次全廃していった。一方札幌、広島、高知、熊本等の地方中核都市では現在でも市民の足として活躍している。
1970年代後半になると主要な高速道路が開通して、利便性に優れたトラック輸送が増え、貨物輸送に占める鉄道の比率が著しく低下した。国鉄の貨物輸送は、従来「発駅で貨車に積み込む」→「発駅近くの貨物ヤードで方向別貨物列車を編成」する方式で到着までに日数がかかるため、急ぎの荷物は敬遠されるようになった。1975年11月26日から8日間続いた「スト権スト」は、期間中の荷物の滞留もあって貨物の国鉄離れをさらに進めた。従来の方式ではトラックに対抗できなくなったため、国鉄はヤード方式を廃止し発駅と着駅を固定した直通列車方式に切り変えてゆく。
夜行列車は、座席車についてはコストが安い夜行バスの進出により激減し、寝台車も国内航空運賃の相対的低下によって競争力が低下し始めた。

貨物輸送量(データは『日本国有鉄道監査報告書』より)
億トンキロ   1960年     1970年     1980年
国鉄               536        624       370
私鉄                 9          10              7
トラック         208        1359         1789
航空機                      -                -               3
船舶                       616       1512          2222

嫁の愛車

愛社の調子が悪いので、メーカーへ

アイドリングが悪くエンジンが止まってしまう。アクセルを踏み込んでも加速しない(力がない)エンジンヘッド開けて見てもらうと三気筒エンジンの真ん中は死んでいるまた両サイドもオイルもれしていると言われて修理に50万弱かかる。ほぼエンジン載せ換え状態になっていると言われる。昨年冷却部分を新品にして後1年もってくれたらOKの予定がいつ止まってもいい状態まで壊れている。新古社で買って14年15万弱の走行距離 今月も岡山往復したばかりで状態は良かったのに残念です。明日には次の車が間に合っていない為しばらく台車が来る予定。昨日M6ホイルを1時間かけて4本交換しました。(寒い中)次の車の為。今月中には新車が来る予定でーす。