蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

いよいよ12月

急に寒くなり、気がつけばクリスマスツリーや
クリスマスの飾りつけあちこちに…

あっという間の一年だったなあ。
12月といえば師走、そしてお正月準備。

今年もお客様に恵まれたよい年でした。
あとひと月、気を引き締めて、無事故で、この一年を締めくくろう!

 

急に寒さが

今年は気持ちの良い秋が長く続いて、大変過ごしやすかったのですが、
この2~3日ですっかり冬に変化.してしまいました。
私は冬が苦手なので、またまた嫌な冬が来るかと思うと深いため息が出てしまいます。
これから3~4か月間じっと耐える季節になります。
でも、お鍋にはピッタリの季節ですけど。
なので、何か楽しいことを計画して大嫌いな冬を今年も乗り切ろうと思っています。
とりあえず、来月は嵐のライブで・・・

冬支度

昨日の朝から急に寒くなりました。

毎朝、自転車で駅まで乗っているので、今日からは手袋も着用しました。

寒いのは苦手ですが、早朝の散歩の景色はとても綺麗です。

今日も「1日、頑張ろう」と思います。

我が家のコーギー君も寒くなると、真ん丸になっています。

最近は、大好きな兄がいないので寂しそうにしています。

今日も、帰宅したら、散歩に行かなければならないので、手袋、帽子で冬支度をして出かけます。

 

 

 

干し柿

自宅にて渋柿を向いて吊るし、干し柿を作っている方はおられますでしょうか。

干していると色が黒くなってきますがこれはカビているのではなく柿渋の成分が不溶性となって表面に浮き出ているので心配はありません。

 おそらく「柿渋」とはこの段階まで鳥に食われるのを防ぐ為の成分なのでしょう。

二十四節気 小雪(しょうせつ)

2015年は11月23

立冬から数えて15日目頃。

 

北国から雪の便りが届く頃ですが、まだ本格的な冬の訪れでは

ありません。 雪といってもさほど多くないことから、小雪と言われた

ものだそうです。

陽射しが弱くなり、紅葉が散り始める頃。 いちょうや柑橘類は黄色く

色づいてきます。

 

 死にもせぬ 旅寝の果よ 秋の暮     芭蕉

 

 家にゐて 旅のごとしや 秋の暮      長谷川櫂

 

そして

 この季節になると、たこ焼きがよく売れる様になります。

6個頂戴、12個頂戴、 あとなんぼ残ってる・・24個・・全部頂戴

たこ焼き屋さんの店頭でみていると楽しくなります。

 

  頑張れ たこ焼き屋さん!

 

復興から躍進の時代(その12)

戦後の混乱と占領軍による鉄道管理

1945
814日、日本はポツダム宣言受諾を決定し、中立国を通じて連合国側へ通告した。この日以後陸海軍は武装を解除される。鉄道は軍需輸送の役目を終えたが、休む暇なく武装解除された多数の軍人や、都市への空襲を避けて田舎へ疎開していた人たちを故郷へ送り返す役目が始まった。終戦直後の大都市は食料等の物資が極度に不足し、人々は鉄道を使って郊外へ買出しに出かけた。しかし戦時中に充分なメンテナンスをされずに酷使された施設や車両、人員によって運転された列車は、常時には考えられないような事故を多発し多数の乗客が犠牲になった。

1945822日肥薩線列車退行事故、復員軍人多数を載せた列車が蒸気機関車の出力不足でトンネル内の上り坂で立ち往生。煙による窒息を恐れて機関士が列車をバックさせたが、息苦しさから客車から降りてトンネル内を歩いて逃げていた乗客を巻き込んだ。死者45名。

1945824日八高線列車正面衝突事故、買出し客多数を載せた旅客列車同士が多摩川橋梁上で正面衝突し、両方とも川に転落。死者100人以上。

194596日中央本線中央線笹子駅構内脱線転覆事故、笹子駅で列車が車止めを突破して転覆し死者60名。

 その他東海道本線醒ヶ井駅付近を走行中のD52型蒸気機関車のボイラーが突然爆発した事故や、古いブレーキホースが破損して発生した近鉄生駒トンネルノーブレーキ事故(死者49名)などの大事故が続発した。また戦後に蒸気機関車の燃料である石炭が極度に不足したため、乗客は増えているのに1947年まで度々列車の大幅な削減が実行された。その結果旅客車は大混雑した。当時の写真では客車のデッキにぶら下がったり貨車の上に載った乗客が写っている。そのような状況下でアメリカ軍が日本に進駐し、鉄道全般について占領軍による管理が始まった。

 占領軍の方針として鉄道の修復を優先し新車の製造を抑えた。そこで不足している旅客用蒸気機関車を賄うため、戦時中に大量生産され戦後は余り気味となった貨物用機関車を改造し
た機関車が製造された(例D51型→C61型、D52型→C62型)。


進駐軍専用列車

 19458月に進駐してきたアメリカ第八軍の第三鉄道輸送司令部が、日本の鉄道全般を管理した。司令部は全国各地の国鉄や私鉄の駅に Railway Transportatin Office (RTO) を置き、日本側に指示を出した。国鉄では状態の良い客車を集めて特別に整備し進駐軍専用に指定し、これら使用して東京から全国各地に向かって専用の定期列車を走らせた。東京や大阪の電車区間では国鉄・私鉄ともに1両から半車(1両の半分)を進駐軍専用に使用した。進駐軍指定車は窓下に白い帯を描いて日本人の乗る車両と区別した。RTOによる管理は1952年のサンフランシスコ対日講和条約発効まで継続した。


大私鉄の分割と日本国有鉄道の発足

 戦後GHQの指示により財閥解体が行われたが、鉄道分野でもこの流れに乗って戦時中に大合併した私鉄が1947年から分割され始めた。東京地区では大東急が東京急行電鉄、小田急電鉄、京浜急行電鉄、京王帝都電鉄の4社に分かれた。大阪地区では近畿日本鉄道から南海電気鉄道が分離し、京阪神急行電鉄から京阪電気鉄道が分かれた。一方、名古屋鉄道と西日本鉄道は戦前から戦中にかけて多数の私鉄が合併してできた会社だが、戦後もそのままの形が受け継がれた。

 

国鉄は鉄道省が直接管轄していたが、運輸通信省、運輸省を経て194941日に運輸大臣が監督権を有する公共企業体「日本国有鉄道」となった。この結果、国鉄の職員に対しては「国家公務員法」ではなく「公共企業体等労働基本法」が適用されることになる。この中途半端な体制は「一応企業の形になっているため国庫からの補助を受けにくいが、政治家の介入は阻めない」ものであり、将来大幅な赤字を生む禍根となった。同じ年に国鉄は行政機関職員定員法により当時598,157人いた職員を503,072人に減らすことが求められた。95千人に及ぶ人員整理(いわゆる首切り)は困難をきわめ、1回目の免職者が発表された73日の3日後の6日に当時の下山総裁が常磐線の北千住駅と綾瀬駅の間で死体となって発見される事件(下山事件)に繋がった。下山総裁の死因については、当時から自殺説と他殺説があり、真相はいまだに謎である。不明瞭な事件は続いて、715日には三鷹事件(死者6名)、816日には松川事件(死者3名)が起こった。いずれも列車事故であるが、人為的な犯罪の可能性が高いとみなされ、この三事件を合わせて国鉄三大ミステリー事件と呼ばれている。

釣りに飽きて①

釣りに飽きて、作り始めた餌箱①えさの蟹を入れる入れ物

腰にぶら下げれるようにベルト通しもつける。

最後に漆を塗って仕上げる。

(原料は孟宗竹を加工カッタでケづる為、時間がかかる)

 蓋があかないように磁石を付ける

一番苦労するのが竹の手配?

天然温泉に行こう

先日、子供とスパランドに行ったときのこと。

初めてのスパランドにはしゃぎまわる子供。ケガをしないかと、

後追いする親をしてきました。

泡ぶろ・洞窟ぶろなどいろいろなお風呂があり順番に入っては

出て次々に行くのです。

こちらとしては、一か所でゆっくり疲れを癒したい気持ちなのですが、

より疲れが溜まったような気分になります。

お風呂から上がって、子供が一言。

『ゆっくり浸かれたらいいのにね』って。

てなことで、次回は、天然温泉をチャレンジします。

紅葉も見ごろならなおいいですね。(子供に紅葉はいりませんが・・)

 

エスカレーター

先月、東京方面に母とでかけた。
聞いてはいたけれど、東京駅の大きいこと広いこと。
人の多いこと。日曜なのにすごい人出。

人をかきわけながらエスカレーターに乗ると関西と
違い左にたち、右を空ける。
右ききの母には手すりが左にあると乗るときに不安定になる。
でも、せっかく右を空けていても誰も右を歩く人はいなかった。
それなら、左右に乗れば効率がいいのに…。
などと思う私は、やはり関西人でせっかちなのかも…。

帰ってきて、エスカレーターの乗り降りが逆になってホットした。

 

最近スーパーで思うこと

ほとんど毎日の様に、会社の帰りにスーパーで買い物をして帰っていますが、
最近、目にする光景に何か違和感を感じました。
それは男性客の姿が多いということ・・・
以前は男性客が多いと思ったことはなく、最近になってとても増えたような気がします。
会社帰りの会社員とか作業員、たまに男同士、勿論夫婦で来ている人もいますが、
圧倒的に御一人様が多いと思います。
女性の人数より多い時も時々あります。
時代の変化でしょうか・・・   なんとも切なく思えてしまいます。
今度、夕方のスーパーを是非観察してみてください。