蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

夏の花 百日紅

 
猛暑にもかかわらず、紅の濃淡色又は白色のきれいな花を咲かせる百日紅。
花名のサルスベリ(猿滑)は、樹皮がツルツルしていて、猿でも滑りそうなところに由来している
そうです。 百日紅(ヒャクジツコウ)とも呼ばれ、サルスベリが夏の盛りに長い間咲き続けることに
ちなみます。
 
開花時期: 7月~10月
花持ち期間:3~4日程度
開花期間:3ケ月程度
 
百日紅の句
 
杉垣に昼をこぼれて百日紅     漱石
 
日除けして百日紅を隠しけり    鬼城
 
武者窓は簾下ろして百日紅     龍之介
 
   何となく解かる様な気がします!
 

最寄りの駅

私の最寄り駅 家から徒歩で15分 自転車で7分位でもこの建物は西口出入り口で私は東口からの構内に入ります。
国内には洋風駅舎は数あれど、南海の浜寺公園駅は最も素晴らしい洋風駅舎の1つに数えられるだろう。この洋風木造駅舎は1897(明治30)年に浜寺駅として開業した。南海電鉄は松並木が美しいこの地区に遊園地を作り、昔は大阪からのリゾート客で、駅は大変賑わったと言う。
 現在の駅舎は1907(明治40)年に建てられた2代目の駅舎で、この年に浜寺公園という駅名に改められた。建築に際し、「辰野片岡事務所」が設計、監督したという。この事務所は、東京駅など、数々の近代建築を手掛けた辰野金吾と、片岡安の2人の建築家が、1905年に、大阪で共に設立したものだ。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   
 
 

 

お盆に

これなんだろう?
紫陽花の花が咲いている頃
紫陽花の花の中からニョキと飛び出た草
すでに50~60cmはある。
葉の形は百合のようなのだが…。

家族の誰も植えた心当たりはない。
抜こうかどうか迷ったが、様子を見ることにして2ヶ月。

気がつけば、まるでお盆にあわせたかのように
1mを軽く超える高さの位置に可憐な百合が二輪咲いている。
お盆に空からの贈り物らしい。
 

お墓参り

昨日から、世間ではお盆休みに入っているので電車は空いていて、ゆったり座っての通勤でした。

我が家は明日、家族4人+犬1匹で丹波のほうへ、お墓参りに行く予定です。

最近は、道の駅も綺麗で、野菜やお花、食べ物もおいしくて、楽しみながら行ってます。

犬も、暑い所は車から出て来ませんが、涼しいと喜んで出てきて、散歩しています。

実は、車でのお出かけは大好きで、窓から顔を出して、景色を眺めています。

ただ、スピードが出ると怖いらしく、大人しくなります。

留守番よりも、みんなと一緒に出かけることが大好きなようです。

涼しくなれは、また、犬連れて、近くの道の駅に行こうと思います。

 

 

 

立秋を過ぎて

真昼から夕刻にかけては強烈な日差しの下、真夏日が続く日々です。8月8日が立秋だといいますが実感がわかないというのが多くの方の認識でしょうが、朝及び深夜の空気は一時期のものとは明らかに違ってきています。

「立秋」というのは黄道上における太陽の位置が夏至点と秋分点のちょうど中間に位置する日だそうで、あくまでも中国の天文学(=暦)上の区分という意味合いが大きいようですが、季節は確かに進んでいるようです。

聴診器

先日、娘が学校より聴診器を購入しビックリしたのが
色がピンク色だったのです。
通常 白色だけと思っておりましたが、
実習で使うとの事で他にも色があって各自 選べることでした。

まだ、1回生ですが立派な姿を早く見たいもんです。

 

ゆでだこ

ここ最近の暑さはただ事ではない。

自身、既にゆでだこ状態である。

気が付いたら日焼け。しかも営業で外回りの為、半袖の跡がくっきりである。

これでも生まれた時は、「なんて色白な赤ちゃん。」と周りからちやほやされたらしい。

…らしい…

かくゆうタコも育つ環境や餌によって、その表面の色の濃さは違ってくる。

私などは、茹蛸に加工した時にしっかり濃い色になるものが好みである。

しかし地域によっては色の薄いもの、あまり黒くなっていないタコが好まれる事もある。

難しいものである。

パナフーズの茹蛸こそが最良のタコ、というくらいにブランド力をつけるか。

地域特性に合わせた茹蛸を作り上げるか。

簡単なようで、意外に奥の深い仕事である。

 

二十四節気(立秋)

 
立秋(りっしゅう) 8月8日頃及び処暑までの期間。
大暑から数えて15日目頃。
朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ日。
立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。
暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく1年で最も気温が
高くなる時期です。
 
兵庫県播磨灘の夏の風物詩(タコの天日干し)が最盛期を迎えているそうです。
播磨町の漁港では、足を大きく広げたタコがさおにつるされ、真夏の強い日差しを
浴びながら潮風に揺られています。
たこめしに使うのが人気ですが、あぶって砂糖じょうゆで食べるのも最高だそうです。
 

今夜の素敵ディナー

3月に結婚した妹と競うようになって早半年。

競うと言っても自己満足で美味しそうに出来たランチもしくは夕食の画像をLINEでやり取りするだけなのでが・・・。

今回は、とある日の妹が送ってきた夕食の写真を曝したいと思います。

さすがに新婚だけあって真面目に料理しているみたいです。

いつまでも仲良くね!と思う兄でした。