蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

駅の油絵

先日とある駅のエレベーターホールの

前で気になる油絵を見つけました。

(たこ焼き人間??)

 

真夏の暑い中、4~5分見入ってしまいました。

 

非常に気になったので調べても、

 

誰が書いたのか、わからずじまい(T_T)/~~~

 

あぁ、すごく気になる~~~

 

盆にはタコ

夏はタコの季節、毎年盆にはタコの消費が伸びる、

関西人の好きな柔らかいタコ、春から夏にかけて

タコの産卵期,身が柔らかく味が薄い夏場のタコを

好む関西に対して、身が硬く味の濃い冬物のタコは

関東好み、いずれにしろたこは年中旨い。

今年も暑い夏を、タコを食べて頑張りましょう。

 

子供の夏休みの宿題

下の子供は中学校1年生で、、、初めての夏休みの宿題。

 

家庭科の宿題は料理を作った分 点数が加算するとの事で

先日 妻に作り方を教えて貰いながら晩御飯で「トンカツ」を用意してくれました。

なかなか、美味しかったです。次は何を作ってくれるか楽しみです。

 

ゆでだこ

西日本は異常な暑さが続く。

日々、まさにゆでだこ状態で仕事をしている。

たたみかけるように子どもたちは夏休みに入り、毎晩遅くまで家を壊さんばかりにはしゃいでいる。

エエカゲンニセェー!!

と言っても、10分もたたずにまたはしゃぐ。

次週週末はその友達たちが我が家へ泊まりに来るらしい。

いつも以上の体力の消耗を予感。

何、何?タコ焼きパーティーをしたい?

エエ子たちやないか!?

日ごろなかなか遠出も出来ないので、父ちゃんがんばってタコ焼き作ったるで!

・・・・・ん?何人分?

タコ焼きを焼いている間、ゆでだこ状態になることを予測。

う~ん、今年もハードな8月になりそう。

遠くへ行きたい、 そして

7/21(日)AM7:00 永六輔さんが出演の遠くへ行きたいを久しぶりに見ました。

永さん 80才 パーキンソン病と闘いながらもお元気でした。

お孫さんに車椅子を押してもらい、祇園・嵯峨野
寂庵・平安神宮を訪問。

昭和43年から続く長寿番組、私の旅好きもこの番組が影響しているかも。

最近は近場で我慢していますが、余裕が出来たら出かけよう・・遠くへ

 

そして、

 

プロ野球も前半戦が終わり、後半戦に突入

我が阪神タイガースも思った以上の善戦で巨人とのゲーム差2,5.

本当の勝負はこれから?

気懸かりなのは、低打率の鳥谷、新井良太  楽しみな選手は二軍から昇格の 森田

そろそろ一発が見れそうです。

 
夢と希望を乗せて風船は舞上がり続けます!

鳥取ツーリング

先日バイクで鳥取まで行ってきました!!
初のバイクでの高速道路に乗り2時間半掛けて最初に境港、水木しげるロードに行きました。
その日は水木しげるロードが出来て20周年のお祭りをしており境港駅前には大きなステージが設置されており周りには多くの屋台が出展していました。
着いた時にはステージは準備中だったので水木しげるロードを散策しました。
あまりにも暑かったので一旦水木しげる記念館に避難をしました。
水木しげる記念館を出るとそのすぐ前でマグロの解体ショーを行っていました。
なかなか見ることが無い光景だったので少し足を止めて見ていたのですがお昼頃だったのでマグロを見ていると海鮮が食べたくなり近くのお店に入りお昼にしました。
お昼は海鮮親子丼を頂きました。
親子丼と言えば鳥と卵のイメージが強いのですが海鮮親子丼とはサーモンとイクラが乗った親子丼でした。
味も良く、満足したところで次の目的地鳥取砂丘を目指しました。
あまりにも暑かったのでバイクウェアを脱いで半袖で目指したのですがこれが失敗でした。
途中に寄り道した観光地で腕を見ると真っ赤になっておりそこからはバイクウェアを着て砂丘を目指しました。
初めて行った鳥取砂丘、登るがあんなに大変だとは思いませんでした。
中学生くらいの子達は元気良く登っていくのを見て自分も!!と登ったのですが半分程登ったところで後悔をしましたが登り切った先に見えた日本海はとても綺麗でした。
日本海をみて満足し少し休憩をしてから岡山を目指して下道3時間の旅が始まりました。

タコおろしポン酢

とある焼き鳥店でのメニューで発見しました。

商売柄どうしても「タコ」の入ったメニューには興味が有り注文してしまいます。

「タコおろしポン酢」480円

想像通り、蒸しタコをスライスしたものをおろしポン酢に掛けています。

関西人はやはりポン酢が好きなのか、連れも美味しいと完食。

となりのテーブルに座っていたカップルもそれを見て注文していました。

タコが飲食店でも価格的に使いやすくなった事は実感しました。

7/22  土用の丑

7/22はウナギの日ということでどこの家庭でも鰻を食べると思いますが

この鰻が近年,高値にて鰻そのものが絶滅危惧種になるとの報道がされていました。

スーパーでの販売価格が今では一匹2000円前後までうなぎ昇り価格に

なってきており,更に上がってくるとの情報も入ってきており,

もうここまで来ると高級商材となり大衆商材としての枠を超えた形になっております。

この夏場はスタミナ食材として食べたい鰻ではあるが暫く

我慢の時期が続くのではないだろうか。

もしかして五年後は食べられなくなるかもしれません。

 

家庭菜園

数年前からですが、家庭菜園にはまっています。きっかけは自分の好きな野菜を自分で作ろうかなと思い始めましたが、今ではどんどん種類が増えてきました。毎年夏に向けてゴーヤの緑と白を植えて毎日食べるのが夏の楽しみだったのですがなぜか今年はゴーヤの緑があまり出来ず白ばっかり大きくなっています。毎日家に帰って野菜を見るのが楽しみだったので今年は少し寂しい夏になりそうです。

晴釣雨雪作と嫌われタコ頭は休みます。

8月1日 長野県諏訪郡本社のたこ焼きの焼きたて屋さんが全国75店舗のエリアで

大々的に新聞チラシを出されます。

内容は、たこ焼きがここ数年売れ行きが低迷している中、

これまでのスペックをすべて変えて大幅なリニューアルを進めてこられました。

たこはもちろんのこと、MIX粉 やソースの付属品もかなり大胆に変更となっています。

また、それに加えて”鯛タコ”なる商品も合わせて同時発売となっています。

鯛焼きの生地にたこ焼きが2個 入ったもので、商標登録も既に完了しています。

一度食べたことがありますがかなりのボリュームで中々の商品です。

たこ焼き商売の難しさは、やはり焼きたてを売ることが一番ですが、

焼いて売れないものを如何に売るかロスを無くすかが

利益の残す重要なキーポイントであります。

是非、関東方面に行かれる機会には、一度焼きたて屋で鯛タコをご賞味あれ・・・。

 

水魚如悟空(鮒酔 作)