蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

晴釣雨作 六

嫌 われたこ頭の一生は次回までお休みします。

 高校時代の機械いじりから始まり物づくりの自分の行きつく先はやはり釣り道具

ということになりそうです。へらぶな釣りの神髄は全て手づくりの道具で拘りの

釣りをすることであり、それが大型の魚体であればまた嬉しい限りです。昨年24

年度は、最長寸49.5cm でした。今年ももう少しで乗っ込みの時期が到来します。

何としても、この自作の浮子(ウキ)で今年は55cm を釣りあげたいものです。

また、この浮子は理論上では羽ボディの上1/5の 部位で立ち、床釣りの一番大事な

タナ合わせが非常に楽にできるタイプ設計になっています。これで春の準備は万全

です。

 

水魚如悟空

デザイン一新

寒い日が続いておりますが、皆様、体調を崩しておりませんか?

工場のメンバーも順番に風邪を引き、なかなかフルメンバーでの生産が出来ない

状態です。普段風邪をひかない最年長のご老公ですらも例外ではありませんでしたので

今年の風邪は手強いです。

さて、今年度よりボイルヤリイカのシールデザインを一新致しました。

さわやかなブルーを基調とし、赤と白の文字でかなり目立つデザインになっております。

今回のデザインは、可愛らしいイカのキャラクターが目印です。

スーパー等の量販店で見つけて下さい。きっとお客様を見つめていると思いますから。

学校週6日制

学校週5日制を見直し、土曜日にも授業を行う 学校週6日制について
文部科学省が検討を始めているが、私は大賛成です。
 
私が子供の頃は、土曜日も学校が昼まであり、この昼まで・・というのが
楽しかった思い出がある。
 
学校5日制になってから、土曜日に子ども会行事が増え
働く母としては、正直しんどい・・・
 
と言うことで
子供に土曜日も学校へ行ってもらいたい。。と願う母なのでした。

景気回復

政府の方針等も有り、円安が急激に進んでいる。
輸出業の会社は、ヤレヤレ…。
我が社の用に輸入品も取り扱っていると、
日々ドキドキ…。
お客様によりよい品物をお安く提供したいし、
円安はどんどん進むし、
皆、日々四苦八苦しながら前を向いて頑張っています。
 
景気回復を祈りながら…。頑張るぞー!

成人式

今年も、もう成人式が終わり、華やかな着物やスーツで、
 
新成人になられた方がテレビでも紹介されていました。
 
今年の有名人では、きゃりーぱみゅぱみゅや、
 
剛力彩芽、卓球の石川佳純など、20才にして輝きまくってる
 
人たちが今年もテレビに華を添えるでしょうね。
 
 
自分の時の成人式はもうかすかな記憶でしかありませんが・・・
 
記念の写真は良い思い出です。
 
 
我が社にも今年成人式を迎えたホープが一人います。
 
決して楽な仕事ではありませんが、
 
希望を持って、一緒に頑張ってやっていきましょう!!
 
新成人、おめでとうございます。

ファストフィッシュ

最近、お店で「ファストフィッシュ」の名前を目にすることがあります。
敬遠されがちな魚を手軽においしく食べようという商品のことだそうです。

魚というと面倒というイメージがあります。
さばけば生臭さと汚れた台所の後片付けが大変、
焼けばグリル網を洗うのが大変、
子供に食べさせるには小骨取りが必要ということで、
忙しいときにはつい肉のほうを選んでしまいがちです。

ところが最近、魚を手軽に手早く食べられる商品が売り場に並ぶように
なってきました。
例えば、骨がとってあるもの、味付けしてあり焼くだけのもの、
調理済で湯せんやレンジで温めるだけのものなどです。

ファストフードのように短時間で調理でき、とても便利になりました。
今まであまり魚を食べなかった人も、さっそくレパートリーに
取り入れてみてはいかがですか。

今年の冬の寒さに コリゴリ

今年の寒さは格別ですね
正直 よく言われている 温暖化と逆の方向に向かっているのかと思われるぐらい
強烈な寒波が 日本列島に連日のように押し寄せています。
 
一方で 春~夏;暖候期に向かう時期になると 急に 真夏のように暑くなったりと
体が正直付いていけないなあ~と感じることもしばしば、、、、
 
四季があり 豊かな自然に恵まれてきた日本の気候も
ここ最近は 猛暑の夏と 厳しい冬、ほんの束の間の春と秋に、 気候が二極化されてきました。
 
人間活動がどれほど自然に影響しているのか
正直 わかりませんが 自然が 私たち人間活動に対して 警鐘を鳴らしているというか
しっぺ返しをしているかのようです。

タコを生で?

手長タコ。。。
分布;;日本各地,釣り上げると小さな胴なのに
以上に手が長く筋肉質の腕を持つ韓国では
ナクチと呼ぶ生きたまま、ぶつ切りにして食べる踊り食い
サンナクチが有名
一度食べたがあまり気持ちがいい物とは思えない。
食文化にもいろいろあるのが驚きです。一度試してみては
いかがですか。
 
タコの好きずきより。

今年のおせち

早いもので今年も3週間が過ぎましたが、、、
我が家の今年のおせちは弊社の「真蛸梅酢味」が入っている品を購入しました。

やはり、「おせち」には紅白のタコは欠かせません。
ちなみに「おせち」のタコの意味合いは
「弾力があるタコのように、ねばり強く物事に取りくめるように」です。

おせちの商談は早々とはじまっており、
今期も新たな「おせち」の一品に入れて頂くように、ねばり強く頑張ってまいります。

カリフォルニアスキッド

みなさんは、スーパーで販売をしている茹でた小イカの存在をごぞんじでしょうか?
年々認知度も高まり、昨年はこの小イカを売っていないスーパーが少なかったほど。
大抵は、唐子酢味噌で食べるが、煮付にしても非常に美味。
しかもスーパーの店頭ではそれほど高価で販売しているものでもない。
 
最も売れる時期は、春から初夏にかけてであるが、近年は売れる商品という事で通年の取り扱いをしているところも多くある。
既に当社にも春商材としての問合せは多数来ている状態である。
しかし、今年の場合はやや状況が違う。
茹でイカの原材料となる小イカの漁獲が減少したこと。
 
それでも美味しいものは美味しい。
手間をかけると、かけただけの美味しさも出てくる。
 
非常に優れた製品である事を今年はアピールしたい。