蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

タコ,イカの不思議

タコの大きさ比較。
第一位  ミズダコ 約大きいものになると3メートル
最小  ヒョウモンタコ  約10センチ 毒蛸として有名
 
イカの大きさ比較
第一位  ソデイカ 約1メートル
最小  だんごイカ 約2.2センチ、瀬戸内海では食用にされる
 
 
 
大きさは違えどいか、たこはうまい

今年もあと少し

明日は娘の誕生日。

もう、高校1年生、、、親離れをしてますが

産まれた当時を思い出します。懐かしい~

 

ところで今年もあとわずか、ホームページ、ブログを観て頂き

誠にありがとうございました。

年末

クリスマスも過ぎ、そろそろ年末年始の雰囲気。
寒さも手伝って、人も車も動きがあわただしくなってくる。
徐々に年末の雰囲気。
 
昨日は、徳島県のタコ原料が出てきたという事で急遽検品へ。
高速道路は他県ナンバーが多く、といっても徳島県では岡山ナンバーは他県か・・・。
だんだん年末の雰囲気。
 
得意先からの注文予定も入り始めている。
取り扱いいただいている先からは一様に、「国産タコの注文追加しても良い?」「何とかしてよ!」の声が上がっている。
やはり年末の雰囲気。
 
仕事が終わって家へ帰ってから。
子供から「来年のお年玉、いくらくれるの?」
気の早い年末の雰囲気。

今年もはずれ

はずれと言っても宝くじではありません。
阪神タイガース定期預金の事です。
今年も、商品券の抽選結果が自宅に送付されてきましたが
、結果は一本も当らずはずれ・・一等 5万円の商品券 1万本、
4位以下でもタイガースグッズ(8千円相当)が1万本。
 
今年の預金名は獣王無敵、来年は虎豪(コゴウ)逆襲。
期待を込めて継続する事にしましたが、優勝は無理?
気懸かりなのは平野の事だけ、何とか残留して欲しいと願う
ばかりです。
今年も残すところあと5日。 悔いの無い様、頑張ろう!
 
 来年は巳年
 
粉もん業界の復活を賭けて、探求心と情熱を持って取引拡大を!
 
    やりまっせ  打倒 読売ジャイアンツ!

スペインのクリスマス

今回は時期が丁度クリスマスだったのでスペインのクリスマスについて少し調べてみました。
日本のクリスマスは12月24日にサンタクロースがやってきて枕元にプレゼントを置いてくれているというのが普通ですが,スペインでは24日にサンタクロースがやってくるというのはごく最近からだそうです。
伝統的に続いているのは東方三賢人と呼ばれる方々が,1月5日の夜にプレゼントを持ってきてくれるそうです。
日本ではクリスマスの飾りつけは25日以降はあまり見かけませんが,スペインでは1月5日の夜に持ってきてくれるのでクリスマスの飾りつけなどは1月6日まで飾ってあるそうです。
長いスペインのクリスマス,一度でいいので体験をしてみたいと思いました。

サトウキビ

最近サトウキビを食べる機会が減りましたが、中国では道端の露店で販売していましたが。

なっなんと2KGで約65円。安すぎる。

しかしこれだけも食べるのでしょうか?

物価が上がったと言えども、大衆レベルはまだまだ品物が安いと思います。

 しかしながら空港・駅などでは考えられない価格ほぼ日本と同等の価格以上で売られています。

この格差は日本ではやはり考えられないですね!

 

日本という国

12/9  衆院選が終わった。

三年半ぶりに民主が惨敗に終わり、再び自公体制がスタートします。
いったい、我々国民にとってこの三年間は何を意味しているのでしょうか?
国民を無視した政治手法がもたらした大罪は何か、深く追求すべき課題であると思います。
日本いう国を正しい方向性に導いていく真の指導者とは何か又政治への無関心からくる
国民一人一人への責任をいよいよ深く反省して積極的に行動起し政治家だけに
国を任せない姿勢が必要な時が来ていると感じています。
日本が余りにも平和過ぎて人間が生きていく本来の意味合いを
考えなくてはならない時ではないでしょうか。

ご当地メニュー

今月の初めごろですが, 久しぶりに倉敷市児島のご当地メニュー蛸塩焼きそばを食べに行ってきました。
今回は今まで行った事が無い所を目標に行ってみたのですが, 今回のお店は今までのお店とは少し違い, 蛸をすしネタの様に薄くスライスしていました。
少し大きかったのですが, スライスしてあったのでそばとからみやすく、少しにんにくの風味の効いた塩焼きそばでした。

嫌 われタコ頭の一生 17

最初に加工指導で訪れたのは、福建省の工場です、この工場は台湾の大明企業(有)の総経理
である薛 陽 明氏の紹介によるものでした。まだ、この頃直港便がなく香港経由での入国で結構
面倒なビザも必要でありました。この薛社長は、中々のアイデアマンで泰国のプーケット島で
飯ダコの干し物を加工して日本に売って大儲けした人です。その後、泰国に移住して会社も移
転しており、これまたタイのある工場でバッタリ再会したのでした。そこではキトサンの加工
を私の知人である博士から依頼されて大量に生産していました。いまでは極一般的になってい
るサプリメントのグルコサミンの精製したものをアメリカに送り込んでいたのです。                            つづく

 

水 魚如悟空-HERA5

年末年始

我々、蛸加工メーカーにとって最も忙しい時期が今年もやって参ります。
近年は各量販店が365日の営業を行っている事や、お節料理を食べない人
作らない家庭が増えておりますので、昔の様な盛り上がりは有りませんが
それでも大変な一週間になると予想されます。
昔話になりますが、年末の一週間は朝3時から作業を開始し、終業は夜23時だった
良き思い出が残っております。年末の一週間は、蛸をボイルしながら朝日が上るのを
見た物です。また、朝食・昼食は同僚が炊き出しを行い、ワイワイと食べました。
メニューも豊富で、豚汁・カレーライス・ハヤシライス・八宝菜・等、とっても美味しかった
のを今でも覚えています。
 
さあ、今年も最終日まで「元気一杯」頑張りますよ!!