蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

激戦区

選挙ではありません。
阪神なんば線千鳥橋駅から続く商店街周辺、ここがたこ焼き屋さんの
激戦区です。
徒歩5分弱の間に7軒のたこ焼き屋さんが凌ぎをけずっています。
それぞれ趣向を凝らした商い・・50個 千円のたこ焼き、
テーブルの上で個包装のワッフル販売、鯛焼き屋さんでは、わらび餅も
売られています。
 
タイガースが勝てば活気が溢れる商店街ですが、今夏は暑さのせいもあり
お昼からの買物客が少ない様です。
 
明日から長月 9月、粉もん屋さんの季節が近づいてきました。
夏の落ち込みを少しでも取り返して欲しいものです。
 
私の人生を野球に例えると、ラッキーセブンの7回に入った頃?
盗塁や一発逆転の長打は無理ですが、犠打・単打でこつこつと
打点を稼ぎたいと思う今日この頃です。
 
 負けてたまるか!
 
  明日を信じて、足と頭を使っての営業活動は続きます!

夏の終わり

気がつけば8月も終わりに近づいてきています。
昼はまだまだ暑い日が続いていますが日が暮れると涼しい風が吹き虫の鳴き声が少し聞こえてきました。
今年も暑い、暑い加工場で夏を過ごし何とか倒れることもなく無事に夏を終われそうです。
秋が来ればすぐに寒い冬がやってきて年が明けると思うと時間が経つのは早いなと感じます。
仕事ばかりの日々ですが何か楽しみを見つけて時間を大切にしていこうと思います。

白たこ?たこいか?モスカルディーニ!!

スペイン語ではPulpo Cabezudo、中国語では小白章と言われているので、我々の社内では「白たこ」「たこいか」と呼んでいるこのタコ、イタリアではMoscardini(モスカルディーニ)と呼ばれている。

先日得意先と同行商談させて頂いたパスタ店さんで、このタコをご提案し、名前や漁獲地、特徴等ご説明させて頂き、舌を巻きながら「モスカルディーニ」と大袈裟に言うと、パスタ屋さんの社長も得意先の担当者からもう一度言ってくださいといわれ、もう一度舌を巻いて言いました。気に入ったのか二人ともメモを取っていました。

勝負早く、早速試作していただく事に、通常の海鮮ぺペロンチーノにこのタコを加えて頂きました。少し食感がありますが存在感が有って良いというご評価。タコ自体が淡白なので、ソースにからめて食べればGOOD!!

まさにパスタなどに適したタコである事を実感しました。実際にこのお客様からとは成約し、9月には海鮮パスタの中にこのタコが入ります。

 

 

残暑

残暑とは立秋(8月8日頃)から秋分(9月20日頃)までの間の暑さをいうとされています。

という事は後,3週間程度はまだまだ,暑い日が続くといことになります。

若い頃はお盆が明ける前まではよく友人と様々な海水浴場へ出かけたもので,

結婚してからも子供が小さい頃はよく海水浴場へ行ったものですがここ十数年来,

海水浴場らしき所へは行っていません。

この残暑の暑さには勝てず,若い時みたいな行動は出来なくなって歳をとったのだと

痛感する今日この頃です。

食欲も以前とは違い,何でも食べれるような事はなくこの残された残暑を乗り切れる

ような,健康的な食べ物はないでしょうか? やはり,激辛食品が夏バテにはいいとよく

聞いているのですが。

変なにおいのするタコ

タイトルだけみると何の事か解らず誤解を生むかも知れませんが、これはハワイの神話に出てくる海の神カナロアとゆう神を表現しています。
カナロアとは海や漁業の神として信仰され通貨のデザインにもなっていましたが、あまり褒め言葉とは思えない「変なにおいのするたこ」とうたわれています。

嫌われタコ頭の一生 13

国内の販売も順調に進み、大量生産の必要性がにわかに発生してくる中、工

場も北台湾の基隆から南の高雄、台南へと2工場体制にして増産。原料渡り

カニの鮮度については、東南アジアに於いてはこの当時、日本と同じく船凍

の漁船を有しており安定したものでした。この点も日本マーケットの受け入

れに大きく貢献した要因でありました。

しかし、大量生産の加工の問題点も様々発生してきたのです。甲羅を器にす

る商品であることからどうしても表面の毛の除去を機械化して大量に用意し

なければならない中で、グラインダーの導入により一時は安定した加工がで

きるようになったのですが、いざ拡販を進める中で金属混入の大クレームが

惹起してしまったのです。          

     つづく

水魚如悟空-HERA5

カート

先日、研修生のパブロと一緒に岡山国際サーキット内にあるチャレンジカートを乗りに行きました。
一周30~40秒位のミニコースを5周走行するレースを、私の嫁を含めて3人で競争しましたが、結果、パブロの独壇場でした。
さすがにラリードライバーだけあって、危うく周回遅れにされる位、離されてしましました。
来月の帰国までに、何とかリベンジ出来ないかと・・・考えております。(たぶん負けるでしょうが・・・)

きょうがく!道頓堀プール

  
先日 産経新聞に、「大阪ミナミの道頓堀川の上に
“世界最長の長水路プール” を作る法人設立の会見が行われた。」
と掲載されていました。
 
それを読んで “これはイケル!” と ひとりで盛り上がりました。
 
まず、道頓堀川の説明を…
    ※ テレビ等でよく放映される“グリコの看板”の前の河川。
    ※ 阪神タイガースが優勝した時に、熱狂的ファンが飛び込む川。 
  といえば想像して頂けるかと思います。
 
プールの構想計画は… 
    日本橋から西へ、長さ約1㎞・幅12~15m・深さ1.1~1.4m
    防水布で作った箱形プールの底に硬質樹脂ボードを敷き
    中に水道水を入れて、川へ放流するというものです。
 
道頓堀川開削400周年の平成27年6月開業を目指すそうです。
 
当社の主力商品は、たこ焼きに入れる “カットタコ” !
 
    ※ 大阪に行ったら、食べないと損した気分になるのが “たこ焼き”
    ※ 泳いだあとの、冷えた体をあたためるのが “たこ焼き”
    ※ 全身運動のあと、小腹がすいた時は手軽に “たこ焼き”
 
ひとりで盛り上がった訳は、上に書いた妄想のせいでした (^_-)-☆
 
 
 

夏バテ

私は夏が、大のニガテです。
毎年夏になると体調が悪くなる。
夏バテの原因は、暑さよりむしろ湿度なのだという。
暑さで、汗をかくと、皮膚がべたつき、この不快さが自律神経のバランスを崩して起こることが多いらしい・・・
 
改善としては、十分な休養と栄養補給を行い体を休める事が大切らしい・・・
 
まだまだ、残暑厳しいですけど、みなさんも夏バテしないよう、十分な休養と、おいしい物を食べて、
暑い夏を乗り切りましょう。

想定外

近頃、想定外のことが多々あり、困惑することが多い。
 
例えば、いつもお客様ご依頼の商品をお届けする為に、商品の配達を運送会社に依頼しており、
いつも間違いなく届けて頂いている。
 
ところがこのお盆は、お客様方から商品が届いてないよ。とのご連絡。
運送会社に確認すると、突然今日の納品予定が明日、または翌々日になります。との返事。
荷物が大量に増えたせいらしい。
 どうしよう!困る!
とりあえず、宅急便で商品を手配したり、営業にお客様との連絡をとって頂いたり、
でなんとか協力して頂いて事なきを得た。
 
想定外という言葉は、あちこちできこえるけれど今回のことで1人でなんとかするのではなく、
常日頃からみんなの協力があってこそ乗り越えられるものだと、実感した。