蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

ベランダの花

4月も下旬になり、ようやく春らしくなってきました。
ベランダの鉢植えの花も次々と咲く気配を見せています・・桃色たんぽぽ、
ペチュニア、キクバクワガタ、アスター、カンパニュラ、マーガレット等
休日の早朝、椅子に座り、鶯の声を聞きながら、花を見ていると
清々しい気持ちになります。
林の老木にも若葉が茂り始め、あっというまに新緑の季節を迎えそうです。
それにしても、よく降る週末の雨、粉もん屋さんも嘆いています・・良うなった思たら
また雨や・家の店 雨に弱いねん。
蛸の価格改定にも、お互い様やからと了承される社長・味はええけど、値段がなあ
と言いつつ、注文下さるオーナー。
 
  感謝の気持ちを忘れずに、営業活動は続きます!
 

げそ

イカの足をげそと呼ぶ理由は下足(げそく)の略から来ているそうです。 もともとは芝居小屋、奇席の下足(脱いだ履物)を下足番と呼ばれる人が整理するのに10足ずつまとめたのでイカの足の10本にからんで寿司屋に飛び火しイカの足をげそと呼ぶようになったそうです。

八爪魚

中国の高級レストランでみたのですが、たこの事を「八爪魚」と書いています。
さすが漢字の国、表現が分かりやすいこと。何と1㌔当たり4,400円!!
よーく見ると足にシマ模様があり、フィリピン・インドネシアからの輸入物のようで
す。真ダコが少ない事から、いよいよ中国も海鮮品の国内消費が増加する一方、近海
の水揚げ量は減少し、輸入物を依存度が今後も高くなるではと思います。日本のマー
ケットにタコが回ってこない事が心配です。

いか・タコ・貝類の血圧

いか、たこ、貝類に多く含まれるタウリンは、アミノ酸の一種で、人の体では脳、心臓、肝臓、血液、目などのあらゆる臓器に存在しています。抗酸化作用が強く、生命活動を維持するのに欠かせない成分です。そのため、タウリンを十分補うことで、体の各部分の機能を高め、病気などに対する抵抗力をつけることができるそうです。

たこ焼 十兵衛

「中央高速道路の談合坂SAに当社のキザミタコを使ってもらっている十兵衛というタコ焼き屋さんがあります。先週末に私の友人が出かけるというのでこの店の写真を撮ってきてもらいました。店に到着し、律儀にも「写真を撮っていいですか?」と質問し、「なんで写真を撮るの?」と返事があったようですが、
写真の撮影の了解をもらったようです。8個で¥500でしたが、店頭にが客が引
きも切らずに押しせているようでしたので購入するまでに時間が掛かったようです。それでも金曜日でしたのでなんとか買えましたが土日であれば大変そうとの感想でした。食べた感想としてはタコ焼きのサイズが大きくてお腹が一杯になったということのようです。
今週末からのGolden Weekには中央高速に乗るときには是非、ご賞味ください。なお、小生は上り車線のSAで十兵衛を探しましたが見つからず断念した経験があります。
下り車線のSAですのでご注意をお願いします。

燻製への挑戦

先日,たこの燻製に続き,初めて肉類の燻製にチャレンジしました。
内容については豚バラ肉と鳥の砂肝の二種類をチャレンジしてみました。
豚バラ肉については一晩塩コショウ及びブラックペッパーに漬け込み
生のまま,約90度の温度帯にて約1時間桜のチップにて燻製を行いました。
鳥の砂肝についてはボイル過熱後,下味をつけ,塩コショウのみの味付けにて
約30程度の燻製を行いました。
味については共に初回にしてはまぁまぁの出来となっており,特に豚バラ肉の
燻製品についてしはスライスしてそのまま,試食してもとてもジューシー差があり
ラーメンのチャーシューとしては最高の味がしていました。
次回は更に燻製品の新たな商品にチャレンジしてみる予定です。

蛸の日は2日ある?

関西地方のある地域には半夏生(はんげしょう)に蛸を食べる習慣があります。半夏生とは夏至から数えて約11日の雑節だいたい毎年7月2日だそうです。
この時期は雨が多いので農作物が蛸の吸盤のように台地にはいつきしっかり根付くようにという願いとこれから夏に向けて体力、精力をつけるという意味でこの時期の旬である蛸を食べるようになりました。また、7月2日は日本記念日協会で認定された蛸の日です。
しかし、実は蛸の日はもう一日あって蛸の足が8本あることから、広島県の三原観光協会が8月8日を蛸の日と定め蛸供養を行っているようです。

嫌われタコ頭の一生 Ⅷ

泰国サイアム工場は、社長並びに工場長は日本人ということもあり加工は至って安定したものでした。設備についても、瞬間トンネルフリーザーやコンタクトフリーザーと冷凍に関する工程上の心配はこれまでの国とは格段でありました。バンコク市内から工場まで小一時間かかりましたが、いつも送迎してくれる運転手はタイのセナと呼ばれていてさすがに運転技術もあり高速道路の路肩走行でぶっちぎりの工場到着です。そのセナ運転手も亡くなられた聞いてさみしく思います。

順調にスライス加工も名古屋のハムスライサーを数十台揃えることで安定した状態になった。渡辺フーマックがドイツから輸入していた機械をたこスライス用に改造した逸品でおそらく他の水産会社にはない独自の加工製品が日本の回転ずしのテーブルに乗り始めたのである。

                                             つづく

水魚如悟空

本日は異常値!

先日、近所のスーパーでこのようなPOPを見かけました。
 
本日は異常値! 
刺身用ボイル真ダコ
100g当り168円
 
以前なら、そんなに安い印象はありませんでしたが、
ここ最近は高値が続いておりましたので、すごく安く感じました。
 
春です。美味しい蛸を食べましょう。

ひとつ星 ☆

大阪の北(梅田)は、大きく変貌しつつあります_(._.)_
JR東京駅には、待ち合わせスポットとして
かの有名な“銀の鈴”がありますよネエ(^_-)-☆
 
JR大阪駅にも、“昔々は噴水”があり
現在は、ホームからエスカレーターで上がった
階上の時空の広場に、“金の時計・銀の時計”がありますが
 
“ ☆ 地上にも ★ ”遠方から出てきた人でも、すぐに分かるような
“特別なスポット”をつくってほしいナア……   (@^^)/~~~