蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

たこが食える、食えない?

たこを食べている国々
 
日本、韓国、香港、フィリピン、(アジア圏)
フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャ
トルコ、チュニジア、エジプト、(ヨーロッパ圏)
メキシコ、アルゼンチン、チリ(中南米圏)
その他、モーリシャス、スリランカ、ポリネシア
ミクロネシア、メラネシア
 
たこを食べない国々
 
中東、イスラエル
イスラムでは水中生物で食べれるのは,ウロコとひれが
ついてる物、それ以外は食べられない。
しかるに,イカ、海老,蟹、貝類も食べない。
日本人が大好きなものばかり、日本人で良かった。
 
堤人  奥とパス 

回転寿司のはしご

先日、お客様も含め勉強のため4人で回転寿司のはしごをしました。
はしご酒ではなく、はしご寿司です。
時間は13時~16時で3時間の間で3軒のお店へ・・・
初めの1軒目は美味しく頂き、2軒目は惰性に流されて、3軒目は味を覚えていません。
帰りはズボンのベルトがパンパンでした。

最後は「えびめし」の予定でしたが、お店が閉店していたため、
内心「ホット」し喫茶店で「ホットコーヒー」でしめました。
でも、寝る前に もっと食べてれば良かったなと、

ところで、回転寿司のランキングで1位は「サーモン」
2位は「マグロ(赤身)」3位は「マグロ(中トロ)」で
昔は「エビ」「イカ」「タコ」は定番でしたが「タコ」はどこに行ってしまったのか?

たこのこ

「たこのこ(タコのタマゴ)」。
「たけのこ」では無い。
(最近、家の中でこのようなことを言ってもだれも相手にしてくれない
ので、この場を借りた。
さて、「たこのこ」はその種類によって差がある。
一番わかり易いのは、大きさである。

九州、瀬戸内海から関東方面まで分布する真蛸の卵は、極々小さな粒状の
もの。
一方、飯蛸の卵は御存知の通り、米粒状で大きさもお米とほぼ同じ
程度。
ミズダコの卵は、飯蛸のものより大きく長さは2cmを超えるもの
もある。
 
いずれもタンパク質の塊であるため加熱すると硬くなるのだが、これが珍味。
真蛸の卵は粒々が入っている袋ごと茹で上げてスライス。これを唐子酢味噌
や酢醤油に付けて食すると日本酒好きにはたまらない。一度下茹でしたもの
を煮付けにしても良し。
飯蛸の卵は下茹でしてバラバラにほぐすと、お米状になる。これをタコ飯に
混ぜ込んで炊き上げると、お米と形は同様なのだが、食感がもっちりした卵
が味わえる。とあるお寿司屋さんでは、飯蛸をネタにする時にシャリに混ぜ
込むという。
 
なかなか市場に出回る事が無いのだが、チャンスがあれば是非ためされては? 

曽根崎新地

3/2(金)若い時に世話になった知人(当時は車の修理工場経営、
現在は梅田の一等地
で貸ビルのオーナー)に誘われ約20年振りに
曽根崎新地で飲食(知人曰く、たこ三昧を
送ってもらったお返しや)。
1軒め、狭いから店に入る前にコート脱いどきやと言われ、路地を
入った所にある小料理
屋へ。予約席(4席)に座って飲み始めた頃、
中年の女性二人が来店し知人の隣に
(知人は、私の事をたこ屋さん
と紹介・女性は新地のスナック経営者)
カウンターに並べ
られたおばんざい、蛍烏賊とふきのとうの天麩羅の
美味しかった事。
軽く食事をし店を出るママ二人に、明日は雛祭りやからと、知人が
持参した巻き寿司を
プレゼント。
2軒め、3軒め  先ほどのママが経営するスナックへ、蛸の話で盛り
上がる事・流石に
大阪曽根崎新地、ママ・従業員・お客さんも皆、
たこの通(知ってるたこ焼き屋さん
たこ止めてイカ入れてますよ、タウリン
身体にいいんでしょう、5回噛んでた蛸、最近3~4回
で噛み終わるわ・・) 
商店街のたこ焼き屋さんの話をすると、私その店知ってます。
・・つうと言えばかあ!
知人は、唖然として自分 蛸だけでよう盛り上げるなあ!
帰りに私も巻き寿司をもらって帰宅。
 
      人との出会い   楽しみは続きます! 

octopusの語源

octopusは英語でタコです。
このoctopus(タコ)は英語で10月を指すOctoberが語源に
なっているそうです。

8本足のタコが10月を指す言葉から来ているとはこれいかに、
と、思ってしまいがちだがご安心。
「オクトパス」の言葉ができた古代ローマ時代は1年の始まり
が3月だったのだ。
つまり当時の8月が今の10月だそうです。

飛び始めたアイツ

大阪でも数日前よりアイツが飛散し始めています。
今年も例年より遅い始まりですがそんなに多くはないようです。
それでもマスク目薬など常備するようにしています。
それでもアイツはそれ以上に強者です。

時期同じくして、スーパーのおさかなコーナーではイカナゴ、カマスゴ、
ホタルイカなどのボイルした製品が並べられ始めています。
すっかり春の季節に入りました。
我々の作ったアメリカ産ヤリイカのボイル製品も各スーパーでの販売
が決定しており、今週から注文量が増えてきています。
いつの時代も価格が安いものは売りやすいのでしょう。

タコの方も高値で張り付いていますが、まだまだタコの旬はこれからです。
ゆでタコならではの紅白のコントラストで埋め尽くせるよう売場面積の
復活に我々まだまだ戦います。
アイツにも負けず目をこすりながらまだまだ頑張ります。

 

タコの足

ストレスによって自分の足を食べることがあるが、このとき食べた足は再生しない。

タコは複数の吸盤がついた8本の触手を特徴とし、8本の足のうち1本の先端は
生殖器になっていて、これをメスの体内に挿入することで受精する。
身体の大部分は筋肉で出来ている。
外敵に襲われた時、捉えられた足を切り放して逃げることがある。
足は再生するが、時折2本に分かれて生えることもあり、8本以上の足を持つタコ
も存在。
日本で96本足のあるタコが捕獲されたことがある。
一見頭に見える、丸く大きな部分は実は胴体であり、足の付け根部分が頭となる。
すなわち、頭から足(腕)が生えていることになる。

ちなみに、血液中に含まれるヘモシアニンという緑色の色素により、血液は青く
見える
そうです。

手作り燻製への挑戦

最近、たこの燻製作りに挑戦してみましたが1回目は味の
調製(塩分)にて
加減が分からず、かなり塩辛いタコスモーク
となり失敗しましたが2回目は
程よい塩加減にて中々の
美味しいタコスモークが出来ました。
今回は桜のチップを使用して約1時間燻しました。
商品名はソフトタコスモークと銘々し、食感の柔らかいタッチ
の燻製となっています。
スモークといえば一般的には代表的なものはスモークサーモン
ですが
次回はホタテ・いか及び安価な魚等にも挑戦してみる
つもりです。

 

B級グルメ

岡山県の児島に児島たこしお焼きそばとゆうB級グルメがあります。
児島のご当地グルメとして街全体に広げ、岡山県内外にPRしていきたい
と考えていると何かの記事で読んだことがありますし、食べ歩きマップもあります。
一度、児島たこしお焼きそば食べ歩きマップを参考に2,3軒食べ歩いた事がありますが、
店独自の個性的な味付けでピリ辛の所もあれば黒胡椒とニンニクでスパイシーな所も
ありそれぞれの店の個性がいっぱいです。
岡山に来た時にはぜひ一度食べ歩いて見てください。
 

毎月8日は・・・

 

連続掲載の嫌われ頭シリーズは、今回お休みと致します。 

標題の毎月8日は・・・に続く言葉として何を思い浮かべる
でしょうか?
長年、たこ焼きに携わるものとしてはやはり8本足のたこ、
たこの八っつァん
になってしまうんですが、珍しいところでは
先日、岐阜に商談に赴いた際に岐阜県では
毎月8日の付く日は、家に早く帰る日と
制定しているそうです。
また名古屋ではパチンコ
の日で888はラッキーNoです。

 今、長野県の焼きたて屋さんでは、毎月8日はたい焼きの日、28日はたこ焼き
の日と
お客様感謝デーを実施中です。
それぞれ創業当時の価格で販売しています。
また今月は1
日からFM長野放送との共同企画で、リスナーからの“こんなたこ焼き
が食べたい”の応
100点から選ばれた“じゃがタコ日和”が期間限定で販売されます。
この企画も3回目で
す。第一回目のイタリアンたこ焼き“タコボーノ”はオリーブオイル
やチーズにこだわっ
た企画で大人気を博しました。
6個入りで90,000パック(50日間)の記録があります。

今回の販売目標は、全店で100,000
パックです。一度、長野に行ってご賞味ください