蛸(たこ・タコ)のボイル・蒸しボイル加工品、キザミタコ(たこ焼き・タコ焼き)、取扱商品は「たこの唐揚げ」「たこの煮付け・桜煮」「たこめしの素」「たいめしの素」「烏賊(いか・イカ)」ならお任せ!

たこ焼き

1月3日(火)夕食は妻と二人でたこ焼き(大晦日早朝に帰省した息子は、
2日に友人とゴルフとの事で元旦の夕方に勤務地広島へ、同じく帰省中の
娘は友人と食事のため外出)。
今まで使用のたこ焼き器はカセットコンロが必要な為、前日に電気たこ焼き器を
780円で購入。 粉は大阪で有名な山ちゃんのPB、蛸は私が昼寝中に妻が
カットした蒸し蛸 セネガル産。二人で54個 美味しくいただきました。
家でもたこ焼き・外でもたこ焼き 2月1日~プロ野球もキャンプイン  公私とも熱い
年になりそうです。
1月中旬から寒波襲来、寒い日が続きます、去年は一箱800円のキャベツが
1,700円~1,800円に。 閑散とした商店街、家路を急ぐ勤め人、 正月以降
さっぱりや・こんな1月はじめてやわ・皆、何食べてるんやろ 店主の嘆きが聞かれ
ます。
 
  春よ来い!   粉もん屋さんの苦闘は続きます。

イカ墨とタコ墨の違い

イカ墨パスタ、イカ墨パン、沖縄のイカ墨汁などを使った料理は多くあります。

しかし、同じような生物なのにタコ墨を使った料理は、ふつうに検索してみても出てきません。
(うる覚えで、タコ墨の天ぷらがあることを覚えていたのでかろうじて明石の料理屋1件見つけられましたが…)なぜタコ墨は料理に使われない?

答えは、タコ墨は粘り気が少ないので料理にからみづらく、うまみも少ない上に、生ぐさいからです。(ちなみに、イカ墨には、うまみ成分であるアミノ酸がタコ墨の30倍含まれているそうです)

イカ墨とタコ墨の性質の違いは、イカとタコの海での墨の使い方をを考えるとわかります。
タコは墨を煙幕として使います。
だから、さらさらにして水に広がる方が都合にいいのです。
それに対して、イカは敵に襲われると、かたまりのまま墨を吐き出します。
そしてその直後、自分色を薄く変化させて、逃げます。
敵はイカと同じくらいの墨の固まりをイカと勘違いして襲います。
そのすきにイカは敵から逃れられるわけです。
また、イカは粘り気のある墨を直接敵に吹きかけて、混乱させるともいわれています。

同じ墨でも、その用途にはちがいがあるわけですね。

たこ串

中国人はタコを食べるのでしょうか?
聞いた話によると南方の沿岸部ではスープなどにして食べるとか。

しかしまだまだ日本人ほど身近な食べ物ではありません。
写真の「たこの串刺し」は、中国にある大衆レストランの
日本料理メニューの一品でありました。
甘いたれを絡ませて焼いています。
中国人がタコ好きになれば、世界中のタコがなくなってしまうのではと危機感がありますが、いまのところはまだ心配はないでしょう。

この会社に入って勉強したと

この会社に入って興味をもちインターネットで調べたもので、
蛸の成長は早く、一日に自分の体重の倍は食べて育ち10日もあれば100g
成長する程だそうです。(岡山の蛸漁師さんのお話)蛸の足?
生物学的に蛸には足はありません。足とされる部分は実は全部腕そして、
危険な時にはトカゲの様に自分の腕を切り離し、危険を回避しするそうです。
また切り離した腕は見事に再生してしまいます。
ただ、再生しても全部が全部もとの大きさや長さになることわありません。

大阪キタ  梅田ルネサンスの変貌

2011年春にオープンしたJR大阪三越伊勢丹、LCCUA拡張リニューアルした
大丸梅田店等ほぼ、半年過ぎましたが未だに大阪駅周辺については
まだまだ分からない処が多々あります。
あまりの情報の多さと処理しきれないほどの情報量及び速さには正直いって
ついていくにはかなりのエネルギーが必要とされる時代になっています。
飲食関係については多種多様のジャンルの店が多く出てきており、
選択する幅が以前よりかなり増えているように思えます。
果たして大変身した街の勝敗については今暫らく時を待たないと判断するには
まだ早いと判断します。
まだ大阪キタへ行かれた事のない方は一度は梅田ルネサンスの
変貌した街を見られたらいかがでしょうか?

蛸に多く含まれる物

蛸は高タンパク低カロリーであり、アミノ酸の一種であるタウリンが多く含まれています。
少し前にテレビでしていましたが、このタウリンとは血圧を正常に保つ働きや
血中コレステロールの減少に役立つのではないかと言われています。
その他にも心臓の強化、貧血の予防、肝臓の解毒作用をサポート、
不整脈の改善等多くの物に作用する働きがあるそうです。

嫌われタコ頭の一生 Ⅴ

日産十数㌧の製品を加工する中で、ぶくぶくのたこが多く発生。勢いなんとか販売をする
必要が出てきても何しろ柔らかすぎて包丁が入らない始末で、とうとう機械切りの刃もお
蔵入りとなり、国内での加工は人件費も上昇しコストもままならず、まだまだ人件費の安
い韓国へ加工をシフトを試みました。その当時、韓国内でもプロ野球が盛んで、
ヘテタイガースのチームを有するヘテグループの傘下加工場と契約してキザミたこの加工を
始めました。塩もみもボイル加工も全く初めての加工であり、カットに至っては
思うようにはいきませんでした。それよりも困ったのは、伊丹空港から出国の際に加工用の
薬品を白い粉として没収されたため、発色の技術も教えることはできないことでした。

なんとかかんとかサイズも揃えて加工できるようになり、順調にたこ焼き用カットダコと
して大阪では認知されるようになってきました。

商売道具

このステンレス製の箱のような物を、我々はカセットと呼んでます。何の為に使用するか想像できるでしょうか?
これは伸ばしタコ足を作る為の道具です。
蛸と言えば、加熱すると足がグルッと巻く物ですがこのカセットに足を入れて加熱する事によって、きれいに伸びたタコ足を作ることが出来ます。
蛸をスライスする場合、料理人の方は巻いていようが綺麗に
切ることが出来ますが私のような素人には、
中々、難しいものです。そこでスライスを行いやすい様にと考案されたのが伸ばしタコ足です。
綺麗に伸びたタコ足を見かけられましたら、このような道具を使っているのだと
思い出して頂ければ幸いです。

新年のご挨拶

本日は旧正月

遅ればせながら、新年のご挨拶を申しあげます。<m(__)m>

年末・年始の繁忙期に、ご注文を頂戴しましたお客様へ
ご不便等をおけけすることは、ありませんでしたでしょうか。

又、物量の多いその期間を支えて下さいました
運送会社・営業冷蔵庫・仕入先等の皆様
本当にありがとうございました。

皆様に支えられ、龍の一年がスタートします。
どうぞ本年も変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申しあげます。

霜焼け

寒さも本番になってきました。

私がこの時期、悩まされるのが、霜焼け・・・
子供の頃から毎年・・・できなかった年はありません。

クツが履けないくらいパンパンに真っ赤にはれあがり朝は痛み
昼から暖かくなると痛かゆくてたまりません。
血行が悪いのでお風呂で毎晩マッサ-ジをしていますが、なかなか治りません。
こんな生活が11月頃から4月頃まで続きます。

事務所の暖かい中で事務をしていますが、なってしまいます。
(こんな 贅沢な環境にいるのに・・・)
日々いつも思うこと、現場で働いているみんなは、冷たいコンクリ-トに
長靴でがんばっているのに・・・
みんな、ごめんなさい。。。
冷えは万病のもとと昔から言います。体質改善して、
次の冬には霜焼けにならない体にしたい・・・

寒さに向かいます。
みなさんも風邪などひかないよう健康管理に十分注意して、寒い冬を乗り切りましょう。